ねこのひげ

アクセスカウンタ

zoom RSS ティム・バートン監督の『フラアケンウィニー』を観る

<<   作成日時 : 2013/01/06 06:08   >>

ナイス ブログ気持玉 27 / トラックバック 0 / コメント 18

画像
この映画『フランケンウィニー』は、ティム・バートンが昔作った短編(,84)を長編にしたものである。
最近は、映画作りに飽きたとか言っていたので、作らないのかと思っていたら、焼き直しとはいえ作ったので、しかも、ストップモーションアニメというので、観に行ったのである。




画像
CG全盛のこの時代に、あえてストップモーションアニメとは、オタクのティム・バートンらしい。
というか、物を作る人間は、映画監督だけでなく、絵描きや小説家、陶芸家・・・自分の作品に対して深いこだわりがあるようです。

レオナルド・ダビンチも、モナリザを旅先に持ち歩いて、少しづつ手直しをしていたそうですからね。




画像
正月、まだ故郷や海外から帰ってきている奴は少なかろう?というのもあり、朝早く目が覚めたというのもありで、突然思いついて観に行った。

観客は3組のみであった。公開されて、時間がたつからね。

最初はだれもいなくて、また一人で観ることになるのか?と期待していたら、始まる1分前に男性一人と家族一組が入てきた。

その一組は2人の少年を連れた家族連れ。年上の少年はふてくされた顔をしていた。まるで、ティム・バートンの作品に出てくるような顔をした少年であった。

正月早々から、親と映画なんて・・・・と思っていたのかもね。


『ボビット』と『レ・ミゼラブル』は、混んでいるようなので、正月明けに見ることにする。



画像
はっきりいって、ストーリーは定番である。ティム・バートンらしい毒気が少ない。


ホラー映画の定番通りに進んでいく。
画像

ねこのひげは、アメリカのホラーまんが『アダムスファミリー』も好きだったんだな。


画像



画像
この左側の少年の名前は、トシアキ・・・・日本人のようですな〜

はじめて、まともな日本人の普通の名前を見た気がする。

スタッフにトシアキという日本人がいるのかな?


画像
なんだろうね?この大きな足は・・・(笑)


画像



もっとえぐくてもよかったんじゃあなかろうか?と思うけどね。

説教くさいところも多々ある。

ディズニーだからしかたないか?



しかーしっ!犬が良い!スパーキーがよい!も〜う、たまらん!!最高である!!!

画像
ヴィクター少年が飼っているブルテリアのスパーキー・・・・最高です!

まさに犬の動きなんだね。

また犬を飼いたくなったよ〜


画像
人形なんだけどね。命のない人形のはずの犬が、まるで、犬のように動くんだな。


画像
ひとつ、動かしては、撮影し、またひとつ動かしては撮影する。


画像


それを映像として映し出すと、本当の犬のように動く。それが、ストップモーションアニメである。

時間もかかるし、根気もいる作業だ。

画像



いや〜よい!実によい!!

画像

実に動きがよい。本物の犬の動きなんだな。

よく作ってある。

人間の言葉は話さない。擬人化してないのもよい。本当の犬のように吠えたり鳴いたりしてヴィクター少年に答え、甘える。

そのしぐさが、実に犬らしくてよい。

画像



悲劇から事件が・・・・・・・
画像



画像



                                 



ちなみに『フランケンウィニー』はモノクロ3D映画です。
画像



で、『フランケンウィニー』のガチャポンを見つけたので買いました。ダハハハ・・・・(^^ゞ

画像


画像


画像


画像


画像

これはレアと書いてあったんですが・・・・・・

画像


ダブったので出てないのもあるけど・・・・・・・買うのをやめようと思ったけど・・・・・・・・・・映画の人形とよく似ていて、出来が良いので、もう1,2回買ってみるかな? (^^ゞ


画像



                                



ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー参考YouTube





テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 27
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
面白い 面白い
かわいい

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(18件)

内 容 ニックネーム/日時
アニメは撮影が大変みたいですね。
ファンタジーはいいですよね余韻があって。
スパーキー、可愛いです。ブルテリアは愛嬌のある
顔してますね。このガチャ欲しいです。
本物では「マスク」のマイロもよかったです。
ひまわり
2013/01/06 15:55
 ひまわりさんへ
アニメは、ひとつひとつ、動きを付けていかないといけませんからね。
ブルテリアは、見た目がユーモラスでかわいいですけど、実際には闘争本能が強くて賢いそうです。

このガチャいいでしょう。
あと3つ、違うのがあるんですけど…出ますかどうか・・・・
ねこのひげ
2013/01/06 18:10
バートン作品はほぼ観ていますが、これは何故かまだ観に行ってません(ユニクロのTシャツは買ったんだけど)
ナイトメア・ビフォア・クリスマスと同時上映の短編を観たせいかな
スパーキーの動きがいい、なんて言われるとやっぱり観に行かなくちゃね

このガチャいいですね〜 探してみよう!!
マーシャの乳母や
2013/01/06 23:45
こんばんは。
この一つ一つを動かして撮影するものはホント頭が下がりますよね。
この犬のモデルはブルテリアだったんですね。
前にお預かりしたことがあるんですけど、ファンになってしまうほど魅力的な犬でした。
ガチャ、これまたハマっちゃいそうですね♪

ねこのひげさんも燻製やるんですね!やっぱおいしいですよね〜
ちなみに手作りベーコンも今、仕込中です。
TAMO
2013/01/06 23:58
動物が人の声で喋るより、動きや鳴き声で表現するほうがいいですね。ずぅーッと以前に、子供の映画で、ドラゴンが出てくるのがありました。声をショーン・コネリーがやっていてベラベラ人間と慣れなれしく話すのです。ショーン・コネリーは好きな俳優ですが、なんかドラゴンの威厳が失せるようで、その映画は好きではありませんでしたね。

ねこのひげさん、もう一度ワンちゃんを飼いたくなりませんでしたか?
櫻弁当
2013/01/07 04:46
あ、「また犬を飼いたくなったよ〜」とちゃんと書いていらっしゃいましたね。

櫻弁当
2013/01/07 04:49
テイムバートン
やっぱり観たいですねえ
フランケンって英語でもフランケン?
日本のはフラン犬で上手いこと洒落てるなあと思ったけど(笑)
ガチャもかなり良いです〜
あまりに酷いものも多い中、コレは秀逸ですね
ガチャしに行こうかな(笑)
タフィー104
2013/01/07 06:49
☆ マーシャの乳母やさんへ
ストーリーは、定石どおりに進みますけどね。
スパーキーがいいです。
フラン犬になってからもかわいいです。

ガチャポンもいいですよ!
ねこのひげ
2013/01/07 07:16
☆ TAMOさんへ
ホントに撮影は大変そうです。
以前、ホームセンターで、ストップモーションアニメが手軽に作れるグッズを売ってましたが、欲しくなりました。

ブルテリアは、顔がユーモラスですよね。でも、かしこいそうです。

燻製の記事・・・いつ書いたっけ〜と探したら2011年11月24日に公開してました。
お暇なときに見てやってください。
ホームセンターに行くと、簡単にできる道具がそろってます。

ねこのひげ
2013/01/07 07:26
☆ 櫻弁当さんへ
スパーキーが、犬らしくてよかったです。
ねこのひげも擬人化はすきでありません。
ショーン・コネリーのその映画、『ドラゴンハート』観に行きましたよ〜
ドラゴンが好きなもので・・・・ドラゴンが優雅に飛んでいる姿がよかった。
ねこのひげ
2013/01/07 07:33
☆ 櫻弁当さんへ
犬は飼いたいですけどね〜
サブがいるから難しいかな?と思ってます。
猫は焼けしょうですからね。
シロも、サブが来たとき機嫌が悪かったですからね〜(^_^.)
ねこのひげ
2013/01/07 07:35
☆ タフィー104さんへ
英語でもフランケン?・・・FRANKENとなってますから英語でもフランケンなのでしょう。
日本語でフラン犬・・・・うまくシャレになってますね〜

ディズニーは、こういうグッズにも非常にうるさいそうです。
以前、ディズニーの仕事をしたことのあるデザイナーが言っていました。
なんどもチェックがはいて、ウンザリしたそうです。
だから、このガッチャは出来がいいのでしょう。
ねこのひげ
2013/01/07 07:43
フランケンは、死んだ人が雷の電気で生き返る話のフランケンシュタインのことだと思います。フランケンシュタインというのは、それで生き返った人ではなく、生き返らせた人の方ですけどね。
櫻弁当
2013/01/07 09:49
映画館でこの予告を観たとき、アニメなのに不気味だなあ、って思いましたが
いったん死んだものが生き返るとロクなことにならないのはフランケンシュタインやペット・セメタリーなんぞでイヤと言うほど思い知らされているので(笑)、これはどうかなあと思っていたのですが・・・面白そうですね♪
『アダムスファミリー』も、とても面白かったですよね
キーブー
2013/01/07 15:32
☆ 櫻弁当さんへ
はい、フランケンシュタインのことです。
ヴィクター少年の名字が、フランケンシュタインです。
ヴィクター・フランケンシュタインは、1818年にメアリー・シェリーが21歳の時、匿名で出版したゴシック小説『フランケンシュタイン、あるいは現代のプロメテウス』の主人公の名前です。
それが、1931年に作られた映画『フランケンシュタイン』でボリス・カーロフが演じた怪物の名前と誤解されて世界に広まったのです。
小説でも映画でも、怪物には名前がついてないんですけどね。

しかし『フランケンシュタイン』は人気ありますね。小説が書かれてから2百年近くたっているんですけどね。
ねこのひげ
2013/01/07 18:20
☆ キーブーさんへ
ティム・バートンの作品は、みな不気味ですけどね。
『アリス・・・・』『スィニー・・・・・』『シザーハンズ』・・・・
怖くはないです。あくまで人形ですしね。
グレムリンやペットセメタリー、怪獣映画へのオマージュに満ちてます。
思わず、ニヤッとしますよ。
ねこのひげ
2013/01/07 18:27
ティム・バートンの作品はかなり独特ですね。
『シザーハンズ』は良かった♪『アダムスファミリー』も好きです。
『フランケンウィニー』も面白そうなんですが、『ホビット』と『レ・ミゼラブル』も観たいし〜悩む〜
koko
2013/01/07 18:49
☆ kokoさんへ
『ホビット』と『レ・ミゼラブル』は、まだ終わりそうにないですが・・・
『フランケンウィニー』は、観客数から見ると、そろそろ・・かな?という感じがしますけどね〜
ねこのひげ
2013/01/07 19:22

コメントする help

ニックネーム
本 文
ティム・バートン監督の『フラアケンウィニー』を観る ねこのひげ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる