ねこのひげ

アクセスカウンタ

zoom RSS 水嶋ヒロさんの小説について・・・

<<   作成日時 : 2010/12/17 04:26   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 11 / トラックバック 0 / コメント 4

画像

12月12日の朝の対談番組『ボクらの時代』で五木寛之さんと、北方謙二さんと宮部みゆきさんが対談していた。
そのなかで水嶋ヒロさんの小説の受賞について語っていたが。
15日の発売で、予約だけで43万部からの受注があったというからすごい!と語っていた。
ポプラ社としては、してやったりだろうな。
新人作家の場合、初版は、5千部から1万5千部程度がふつうで、10万部売れれば、ベストセラーであるから、初版40万部は、いくら水嶋ヒロという人気俳優の小説といっても驚きである。

あるベテラン作家などは、初版作家とか1万部作家と、影で出版社から言われている。初版しか売れなかったり、売り上げが1万部どまりのためである。
何十冊も出している人だけどね。


『KAGEROU』 

画像


買ってみました。


内容については、まだ読み終えていないのでなんともいえないが・・・・・・・(^^ゞ

文章は、ふつうの出来かな?それほど特色のある凝った文体でもない。テンポがいいワケでもない。

でも、読みやすい。ぎこちなさはない。

文字がずいぶん大きい。老眼の身にはありがたい大きさである。

主人公が・・・・・・・・ちょっと・・・・?

30ページほど読んだ感想である。


岩井志麻子さんの言ったように、ゴーストライターはいないであろう。いたらもっとうまい文章を書く。

著名作家でも、ゴーストライターがいたりするから、人のことは言えないけどね。

文章力では劇団ひとりのほうがあるように思う。

芸能人だからといって、すぐに影に作家がいるとか思うのは間違いだと思うね。

アイドルが、きれいになってくると整形だと騒ぐのと一緒で、よろしくないと思うよ。




水嶋ヒロさんは現在26歳で、小説家デビューとしては、早くもないし遅くもないデビューというところか。

いいわるいはべつにして、19歳で芥川賞をとってデビューする人間もいるけどね。

あまり遅くに売れっ子になると体力的に無理がくる。SF作家の広瀬正さんは、47歳で、疲労のため、路上で倒れて亡くなった。

しかし、作品『マイナスゼロ』は、SF小説の金字塔でありますよ。



ねこのひげは、芥川賞を獲ろうと、直木賞を獲ろうと、本屋で立ち読みしてみて、おもしろくないと思ったら読まない。だから、通販では小説は買わない。

読むに値するのかとか、出版に値するのかとの意見が喧(かまびす)しいようですが、水嶋ヒロが書いたというだけで、読むに値するし、出版するに値するんだろうな。

出版社としては。




これからのクリスマスから年末、正月に向けての商戦に話題提供で本屋さんは大喜びでしょうな。


ねこのひげも、年末年始にかけて、読むつもりであるが、おもしろければいいけどね。


読後に、1400円が高くなかったと思えることを祈るばかりであります。


まだ読んでいない本が、5,6冊積んであるしね。(^^ゞ

いま『フリーター、家を買う』『図書館戦争』でブレーク中の有川浩さんのデビュー作と、伊藤計劃亡き後のSF小説の雄・・・と言っても女性だが、上田早夕里さんの作品を読みかけているところ。

2人とも、テンポのよさと文章力で、水嶋さんを上回っていると思うし、SFから恋愛物まで、守備範囲が広い。


がんばれ!水嶋!!

悪評が山のように出るだろうけど、有名税と思ってくじけるな!




『ボクたちの時代』のなかで五木寛之さんも言っていたが、たいていだれにでも1冊は小説を書くことが出来るのである。

しかし、出版できるかどうかは別にして、1冊で小説家とはいえない。

小説家としてデビューしただけである。


そのあと、2冊3冊と続けていくのが難しいのであるし、5冊出して新人作家。10冊だして中堅作家かな。

まあ、作家は、出版数ではないけどね。1冊で大作家と言える人がいるからね。

五木寛之さんや北方謙二さんや宮部みゆきさんのように名が残る小説家になれるのは稀である。


ほとんどの人が、1冊、出版しただけで撃沈である。


以前、自分の本が売れないからといって、出版社を詐欺で訴えた人達がいたが、プロの作家でも売れない時代に、シロウトの本が売れるわけがない。

たまに、ビギナーズラックはあるけどね。


自費出版はやめたほうがいいかもね。

自費出版の本が売れるなど、奇跡に近いのである。売れなくて当然と知るべし。出版社側も、出版費用を出させようとして、おだて上げすぎないことであるけどね。


すばらしい!大作家になれます!!すぐにベストセラーですよ!!!とか言ったんだろうね。


言われたシロウトは舞い上がってしまうもんね。


いまや、中国歴史小説の大家である宮城谷昌光さんは、作品があらゆる出版社でボツにされ続けたあげく、500部だけ自費出版した『王家の風日』が司馬遼太郎さんの目にとまり、『天空の舟』を知人の経営する出版社から出版してから売れ出したのではあるけどね。

いまや両作品とも、知る人ぞ知る大ロングベストセラーである。


誰かの目にとまるということが、大事なことなんだろう。


ボツになるか採用されて出版されるかは、所詮、読んだ人間、編集者の好みというのもある。箸にも棒にも引っかからないような作品は別にして。

コンテストの審査員にもよるしね。

ベストセラーになるのは、時代の流れというのもあるだろうしね。歌でも、10年前の作品がとつぜん売れたりすることがあるからね。

ひとつの出版社がダメでも、他の出版社が採用して、ベストセラーになることもあるしね。



『KAGEROU』・・・・・・・・・・・

無名の作家であったら、たぶんボツであろうな。じっさい、他の作品を大手出版社に持ち込んでボツになったことがあるそうである。
俳優として売れるようになってからは、本を書きませんか?という話がいくつもあったそうであるけどね。

どんな稚拙な作品でも、芸能人なら、とりあえず売れるからね。

水嶋ヒロさんは、それがいやだったようだ。


無名時代にボツになった作品でも、本人が売れてくれば日の目を観ることもある。椎名誠さんの『アド・バード』『水域』などは、売れてない頃に出版社に持ち込んでボツにされた作品であるそうだ。

もちろん、出版するときに大幅な手直しはあったろうけどね。

わたしは、両方とも好きな小説作品だけどね。



『ボクらの時代』に出演していた北方謙二さんは、立松和平さんとの『ボツ友』だそうだ。

「ボツ友ってなんだ?」と五木寛之さんが聞いたら、20代のはじめ頃、学生時代に、大手出版社に小説の原稿を持ち込んでは、ボツにされ続けていたとき、出版社の玄関前でたびたび出会って、「またボツです」「おれもだよ」と言い合っているうちに友達になったそうなのである。

五木寛之さんも、宮部みゆきさんも、「最初の頃は、よくボツになったよね。」としみじみいっていた。


三人とも、ああいった著名人が小説を出版することは賛成だそうだ。我々も、おおいに刺激になるし盛り上げて欲しいそうだ。







香取信吾くんは、イラストを描いていて、来年、展覧会をするそうで、テレビの番組で見たが、なかなかおもしろい出来でありました。

この出版不況の時代にあって、著名人の小説やアートが、もっと出てくるでありましょうね。


ブログから人気が出て本になることもあるしね。


無名であっても、人に興味を持たせることは出来るわけで、ようはおもしろいと思って興味を持ってもらえることだろうね。

売れ行きというのは、文章力とは関係ないからね。


戦場カメラマンの渡辺陽一さんなどはその典型だろう。



水嶋ヒロさんは、何冊出版できるのであろうか?



1冊で終りでないことを祈る。


がっ・・・・・・・・・・!?



すでに2日目で、60万部を突破だそうである。明日には100万部を越えるかもしれないね。



これで、2冊目が出版されることは確実だろう。



今年もあと少しですが、まだまだ色々ありそうで・・・・・・・・すね。





                                 





ーーーーーーーーーーーーーーー

参考資料



KAGEROU
ポプラ社
2010-12-15
齋藤智裕

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by KAGEROU の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル



HIROMODE 水嶋ヒロのフォトスタイルブック
宝島社
水嶋ヒロ

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by HIROMODE 水嶋ヒロのフォトスタイルブック の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 11
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス ナイス ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
写真の虫がカゲロウですか〜?!
すみません・・無知で

水島ヒロくんの小説・・近々、古本屋さんで山積みになるかもですねぇ・・・
くろねこ・ぷぅ
2010/12/17 09:45
☆ くろねこ・ぷぅさんへ
はい、これがカゲロウです。本の題名にちなんでアップしてみました。

まあ、山積みになるでしょうね。読むというより好奇心にかられて買った人がほとんどでしょうからね。
ある意味、本としては悲劇ですね。(ーー;)
ねこのひげ
2010/12/17 19:18
水嶋ヒロが「作家になるから俳優を辞める」と言ったときに、それは作家になってから言った方がいいんじゃないの、と思ったのですが。
ほんとに受賞しちゃいましたね(^^ゞ
快挙ではありますよね。すごいと思います・・・とはいえ実物をまだ読んではいないんですけど(笑)
お読みになったらまた感想をアップしてくださいね。それを見せていただいてから、読むかどうか決めます。
キーブー
2010/12/19 00:01
☆ キーブーさんへ
おれは小説家だ!と言っても1冊も書いてないし出版すらしてない人がいますからね。
いうのはタダだけど・・・・(^_^.)

主人公が、40歳の中年のおっさんというのが、どうも・・・・
水嶋ヒロとリンクする若手俳優を主人公にしたほうが・・・・
スイスで暮していたというだけに、文章が・・・・
と思ったりしてますけどね。

山積みになってから買ってもいいかも。^_^;
ねこのひげ
2010/12/19 07:45

コメントする help

ニックネーム
本 文
水嶋ヒロさんの小説について・・・ ねこのひげ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる