ねこのひげ

アクセスカウンタ

zoom RSS ブータンー国民の97パーセントが幸せと言える国

<<   作成日時 : 2010/04/23 04:13   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 23 / トラックバック 0 / コメント 13

画像

「しあわせ〜ってなんだっけ、しあわせ〜ってなんだっけ、♪」「うまい醤油のあるうちさ♪」「ショウユこと!」とさんまさんと広末さんが歌ってますが・・・・・ホント!しあわせってなんでしょうかね?

「どうゆうこと!」

「ショユウコト!!」





ヒマラヤの奥地。ネパールの東。チベットの南に、人口わずか67万人の世界最貧国のひとつに数えられる小国ブータンがあります。
日本で言えば、香川県高松市程度の人口の国です。

だが、ブータンは、その67万人の人口のうちの97パーセントの人が「あなたは幸せですか?」と聞かれたら「幸せです。」と答える国なのです。


はたして、高松市の人口67万人のうちの97パーセントが幸せだと答えるでしょうか?

日本人の何パーセントが「あなたはしあわせですか?」と聞かれて「しあわせです」と言えるのでしょうか?

おそらく半分もいないでしょうね。


40インチのテレビを所有し、一人一台車を所有しても、日本人はブータンの貧しい国民より幸せを感じていないんですね。

東京の渋谷の交差点を歩いている人間の大半に笑顔がありません。


何億の豪邸に住み、ベンツやポルシェを乗り回していても、いつも不満そうな芸能人もいますね。


ある有名ゴルファーなど、ロスに何十億の豪邸を建て、自家用ジェット機さえも所有しているのに、「たいしたことないよ。お金は、あればあるだけ困らないもんですよ。」と嘯(ホザ)きました。


渡り天下りして、何億もの退職金を貰っている役人は、一流企業の退職金より少ないと嘯きました。


人間の欲には際限がないということでしょうけど・・・・・


いまにきっと罰が当たるでしょう。




ブータンは、正式にはブータン王国であるが、現在は、日本やイギリスとおなじように立憲君主国である。

立憲君主国とは、国王がいて、その下に国民の選挙で選ばれた議会があり、議会により国の運営が行われている国のことである。

日本は天皇。イギリスは女王が頂点に立ち、ブータンは国王である。

ブータンは、前国王であるジグミ・シンゲ・ワンチュクが提唱した国民総幸福量(GNH)という概念に基づいて国が運営されている。

現国王ジグミ・ケサル・ナムゲル・ワンチュクもこれを受け継いだ政治をおこなっている。

この『国民総幸福量』とは、国民のすべてがどれだけ幸せを感じているかを示すもので、2008年、フランスのサルコジ大統領が同じようなことを提唱して、ブータンからの盗作だと失笑を買った。


世界の国が国力を測るのに、国民総生産(GNP)、国民総所得(GNI)で計られる中、国民の幸せを感じる量で、国力を測るというのがユニークなところです。


国民総幸福量(GNH)とは、物量ではなく精神面の豊かさの量で国力を測るのです。



この国民総幸福量でいったら、日本だけでなく、アメリカ、中国は言うに及ばずロシアさえも最貧国でありましょうね。

97パーセントの国民が幸せと思っているブータンには、どの先進国と称している国々もおよばないのです。


ブータンは、テレビも車もほとんどなく、物質的に貧しいことは間違いないのです。

でも、犬は野良犬であっても飢えることがありません。

みんなの犬だと言って、みんなが、可愛がり餌をあたえているからです。

これは国の宗教が、仏教であることにも由来してます。

ほとんどの国民が敬謙なる仏教徒です。

だから、花屋もありません。生きている花を殺して飾るなんてとんでもない!ということらしいです。

だから、墓や仏壇に供える花は造花です。


さらに、貧しいからといって、誇りをなくしたり卑屈になったりすることもありません。


かつて、昭和天皇が崩御されたとき、一般の葬式にあたる”大喪の礼”に参列するため、ジグミ・シンゲ・ワンチュク国王が、日本を訪れ、大喪の礼が終了したあと、そのまま日本の政府関係者にあわずに帰ろうとしたので、驚いた報道陣が聞いたら「日本の天皇陛下の弔意に来たのであって、日本に金の無心に来たのではない」と答えて帰っていきました。

他の国々、中国でさえも、日本の政府首脳と面談して、天皇の葬式などそっちのけで、経済援助を引き出そうと必死になっていたにもかかわらずです。

これは『弔問外交』と言って、各国の首脳が亡くなるとあたり前のように行われていることであったにもかかわらず、ブータン国王は、政府関係者にあわずに帰国の途についたのです。


ふつうの一般社会では、人の葬式に来て、借金を申し込んだら非礼にあたると思うんですが、国際社会ではあたり前なんですね。


ジグミ・シンゲ・ワンチュク国王は、まさにかつての日本の武士のごとき誇り高さを示して帰国しました。


この当時、ワンチュク国王は34歳で独身で、なかなかの美男子であったので話題にもなりました。

現国王も美男子だというので、タイでかってに写真集がでたことがあります。

正式の場で着ることを義務付けられている民族衣装『ゴ』も、日本の丹前と似ていて、前で合わせて着るようになっています。


日本人の出身地はブータンではないかと言われるぐらい、両民族は姿かたちが似てます。


おなじ東洋人として、日本人もよく考えたほうがいいですよね。


幸福とは・・・・・・


      幸せとは・・・・・・・


                  ・・・・・・・・・・・・・なんなのでしょうか?



澄んだ青い空と悠久の大地と人々の笑顔のあるブータンに学ぶべきかもしれません。



そうすれば、野良猫にヤケドをおわすような奴は消えるかもしれません。


年間3万人もの自殺者も無くなるかもかもしれません。



資本主義の行き詰るなか、このブータンの国民総幸福量は、いま世界中から注目を集めているそうです。


21世紀という世紀は、自分たちの贅沢三昧の生活のために、たとえ武力を使わなくても、他国を侵略し簒奪するような前世紀のような時代を終了させなければいけない時代だと思います。



”我唯足るを知る”     


日本もかつてはこの言葉を実践してきた国のはずなんですけどね・・・・・・





 しあわせ〜ってなんだっけ   しあわせ〜ってなんだっけ 


 うまい醤油のある家(いえ)さ〜 







   たった一本の醤油のあるしあわせ・・・・・・・



                 真理かも・・・・・・・ 




                                   

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 23
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
驚いた
面白い

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(13件)

内 容 ニックネーム/日時
はじめまして、私もこの書かれている記事と同じような思いです。
お金を得る事に限がなく、お金では得ることが出来ない・満足で出来ない事、
見つめなおして見るべきですね。美味しいものが食べれる幸せ、綺麗な花を見て感激する幸せ・・・沢山あるはずなんですが・・
あお
2010/04/23 09:29
あおさん、コメントありがとうございます♪
1人の人間が生きていくのに、そんなにはいらんだろう?と思うぐらい稼いでいる人がいますよね。
身の丈で暮らすのが楽だと思うんですけどね・・・・? (^^ゞ
ねこのひげ
2010/04/23 12:41
こんにちは〜^^昨日はコメントありがとうございました^^

幸せ。。。そうですね!「あなたは幸せですか?」といきなり聞かれて、日本人はどれだけ「幸せですよ〜!」と即答できるのでしょうね。
戦後、急成長を遂げて、物が溢れて豊かになったという物資的なものへの価値観がそのまま遡併せに繋がっているのでしょうか?
お金は無いけど幸せよ!という原点に帰れる人がどれくらい居るのでしょね?
私も醤油一本の幸せ。。。を見つめなおしたいなぁ〜!(笑)
まさに価値観が多様化した世の中だからこそ、たまに原点に戻る事は大事なことですね!
みつば
2010/04/23 12:43
遡併せに繋がっているのでしょうか?
↑幸せに。。。です。(笑)
みつば
2010/04/23 12:44
みつばさん、こんにちわ♪

このくらいあれば・・という限度をこえて、物があふれた結果、不況が訪れている気がします。
そんなものまでいらん!と思うものでも、無理やり売りつけられている気がします。
さいきんの子供が将来なりたい職業がないのも、そのあたりかも・・・・
心のメタボ現象が起きているのかも知れませんね。
ねこのひげ
2010/04/23 13:11
 ブータンって興味深い国だと思います。日本や日本人が学ぶことがたくさんありそうですね。
 “足るを知る”が大事ですね(^^♪。
遊哉
2010/04/23 18:49
はじめまして。
「幸せとは?」これって私にとっては課題かもしれません。。
高価な物を買っても満たされなくてむなしいことが私にはあります。

“足るを知る”ことを考えてみたいと思います。
なにしろ、幸せになりたいですからネ^^
リュ
2010/04/23 20:52
☆ミ 遊哉さんへ
世界中が、学ぶことがありそうですけどね。(^_-)-☆
ねこひげ
2010/04/24 05:37
リュさん、はじめまして♪

考えることが大切なんだとおもいます。
自分は、ほんとうにこれでいいのか?間違っていないのか?
大事です。(^^♪

NYで売り出し中のモデルのTAOさんも、世界中に飢えた人がいるのに、こんな贅沢の局地みたいな世界で仕事をしていていいんだろうか?と悩むそうことがあるそうです。
ねこのひげ
2010/04/24 07:22
ブータン国王、大喪の礼に来られてましたよね。思い出しました。
幸せって、物質とかの外面ではなく、内面の問題なんですよね。
学ぶ面がたくさんあると私も思います。
キーブー
2010/04/24 17:46
醤油なんて1本あれば、1本あればたりるのに、何千本もあつめてどうしようというの?
と言いたくなるような人が大勢いますね。(+o+)
ちょっと、多めに作っちゃったから・・・と言って、オカズをお隣におすそ分けするような気持ちが大事なんですけどね。(+_+)
ねこのひげ
2010/04/25 04:57
お金があっても買えないモノがある。
日本にいると、なかなか気づくチャンス、ないんどすえぇ。
だって、あんなに新製品に、囲まれてるのよぉ。
壊れてなくとも買い換える。
神さまのバチが、当たらんはずないがなぁ。
お金で買えないモノの値打ちが判ると、シアワセだと思えまする。
あたし?
シアワセですえぇ。
T&M
2010/05/02 16:23
きのう、外務省で1千万円以上の年収を貰っていた医者が、外務省を辞めて、スーダンで、病院を開業したというのをテレビで見ました。
収入が0になってまで、なぜ?
スーダンには、なにもないけど、人々になにかの光がある。でも、日本には、ありとあらゆるものがあるけど、人から光が感じられないからだそうです。

日本人も、考えなければいけない時かもね。
ねこのひげ
2010/05/03 04:45

コメントする help

ニックネーム
本 文
ブータンー国民の97パーセントが幸せと言える国 ねこのひげ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる