ねこのひげ

アクセスカウンタ

zoom RSS 小川糸著『ツバキ文具店』

<<   作成日時 : 2016/05/01 05:19   >>

ナイス ブログ気持玉 23 / トラックバック 0 / コメント 8

この本は、鎌倉にある文具店『ツバキ文具店』とその11代目の店主であるポッポちゃんと呼ばれる雨宮鳩子さんの物語です。
画像


4月20日、NHKラジオを聴いていたらダイヤモンド✡ユカイさんの番組『すっぴん』のゲストとして小川糸さんが出演された。

小川糸さんは『食堂カタツムリ』でデビューされ、『食堂カタツムリ』はベストセラーになりイタリアとフランスで文学賞を受賞し、柴咲コウ主演で映画化もされた。

『食堂カタツムリ』は女性編集者に何年もかけて手直しをされ完成させたそうで、なかなかユニークで面白い作品でありました。

主人公倫子は15歳で家出して、東京で恋人のインド人と同棲していたが、ある日家財道具一切を持ち逃げされたショックで失語症になり、実家に帰って1日1組のお客という食堂を始めたのである。

その料理がユニークで食堂で食事をしたお客を助けることになるのであります。


画像



『すっぴん』水曜日担当の司会者ダイヤモンド✡ユカイさんはロッカーであり、軽妙なコメントをするので司会者やコメンテイターとしても引っ張りだこで、いまや双子の兄弟の父親で3人の子持ちロッカーとしても有名な方であります。

番組のアンカーである藤井綾子アナウンサーは美人アナウンサーとしてしられ、大酒のみで辛辣なコメントを言うのでも知られたアナウンサーで同級生である橋下元大阪市長をして「二度とNHKのラジオにはでない!」と怒らせたことでも有名である。

旦那は、落語家の古今亭菊乃丞である。

さもありなんである。

『すっぴん』はNHKらしくない異色の番組です。


その『スッピン』で、小川糸さんが小説家になる経緯が話されて『ツバキ文具店』が明日発売(21日)されるというので、さっそく21日、仕事の帰りに本屋に寄って買ったのであります。
画像


『ツバキ文具店』は文具店でありますが、店主である雨宮鳩子さんは先代から引き継いだ代書屋もやっている。

雨宮家は江戸時代から続く由緒ある代書屋で、先祖はやんごとなき方や殿様の代筆をしていた右筆だったそうである。

・・・・・??????????????・・・・・・?


ふだんは年賀状やスーパーの看板、飲み屋の品書きなど季節に即した代書が主な仕事であるが、時々、個人から代書を頼まれることがある。


恋文や絶縁状、離婚の案内状などなど・・・・・・

メールで済ませればいいのに、わざわざ代書屋に頼みに来るくらいであるから、当然のようにかなり風変わりな内容を要求されるものが多い。

そのために雨宮鳩子さんは、それぞれのお客の注文に応じて、便箋から筆記用具、切手・・・果ては封印する物にまで凝ることになるのである。


たとえば、園田さんに頼まれた代書は、結婚の約束をしていた幼馴染と結婚できなかったのだが人づてに彼女も結婚して幸せに暮らしているのがわかり、自分も結婚して幸せに暮らしていると伝えたくて・・・・

でも自分では、うまく表現できないので・・・・

雨宮鳩子さんに・・・

雨宮鳩子さんは考えたうえでガラスペンで書くことにした。

画像


ガラスペンというのはペン先から筆の部分までガラスでできている筆記用具でヨーロッパで発想されたものと思いがちだが、明治35年に風鈴職人の佐々木定次郎さんが考え出したもので、あっというまにフランスやイタリアに広まり、ヨーロッパが発祥の地と思われている筆記用具であります。


画像


ちなみに写真のガラスペンは、ねこのひげが谷中に住んでいたころ入谷の佐瀬工業所で買ったものであります。

佐瀬工業所は明治45年(大正元年)創業だそうであります。

キーボードをカチャカチャやるよりこういう筆記具で書くというのもよいものですよ。

ねこのひげは、ガラスペンには申し訳ないくらいの悪筆で宝の持ち腐れでありますけどね。



『ツバキ文具店』は鎌倉の小高い丘のふもとにあり、雨宮鳩子さんはそこに一人で暮らしている。

『ツバキ文具店』の定休日や暇なときは、鎌倉を散歩している。
画像


食事も一人なので自炊するよりは外食の方が多い。

ご本人もエンゲル係数が高くなると少し悩んだりしている。

画像

お気に入りのパン屋で飴パンを買って電車の中で齧りながら帰ることもある。


お隣のバーバラ婦人や男爵などと一緒に食事に行くこともある。

そんな時、一人で食べるより、やはり大勢で食べる方が良いな〜と思ったりしている。

そういう雨宮鳩子さんの鎌倉での日常も描かれ、実在の食事処が出てきて、一種の鎌倉案内にもなっている小説である。

ツバキ文具店も実在してたりして(≧◇≦)
画像

『北鎌倉駅の稲荷寿司を久し振りに食いたいな〜(*_*;』とねこのひげも思ったのであります。

バーバラ婦人も男爵も純粋な日本人であります。

あだ名なんですね。

パンティーと呼ばれる学校の先生も出てくるし、QPちゃんと呼ばれる女の子も出てくる。

主人公である雨宮鳩子さんもポッポちゃんと呼ばれている。


のんびりしたファンタジックな小説であります。


がっ!

主人公である雨宮鳩子さんは、母親が未成年のころ産んだ子供で、父親がわからないし、母親は鳩子を生んだ直後に家を出たきり帰ってきていない。

だから雨宮鳩子さんは両親の顔を知らない。


『ツバキ文具店』の先代である雨宮鳩子さんの祖母が雨宮鳩子さんを育ててきたのである。
画像



『食堂カタツムリ』でも恋人であるインド人が現れることなく終わっており、『ツバキ文具店』でも父親もわからず、母親も帰ってこないで物語は終わってます。


画像


他の小説家なら父親が誰であるとか・・・・・いなくなった母親が突然現れて・・・・・・

とドラマチックに書くところでありましょうが・・・・


小川糸さんはそこに主眼を置かないのがユニークなところで小説を一味違った味付けにしとられます。

画像


鎌倉でのんびりと揺蕩うように暮らしているような気分にさせてくれる小説です。



御一読を。





                                













テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 23
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
面白い 面白い

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(8件)

内 容 ニックネーム/日時
ガラスのペンや綺麗なインク、レターセットなんかもいいなーと思って買ったりしますが、自分も酷い悪筆なのでただのコレクションになっています( ^ω^)
消防車カッケー☆⌒d(*^ー゚)b !!
摩利紫天@analog-ya
2016/05/01 07:41
ガラスペン 素敵ですね
ほしいなぁと思ったことがあったけど そんなに書物しないので使わないかな・・・と(汗)
みるしっぽ
2016/05/01 10:26
 摩利柴天@analog-vaさんへ
ねこのひげもコレクション状態ですね。
いいな〜と思うと、つい買ってしまいます。
かっこいいので、つい写してしまいました。
ねこのひげ
2016/05/01 14:41
みるしっぽさんへ
素敵でしょ!思わず買っちゃいました。
買ったのは、かれこれ20年前ですかね。
使ったのは、10回も無いでしょうね〜(^^ゞ
眺めるためにおいてあるようなものです。
ねこのひげ
2016/05/01 15:51
新刊が出たんですね!
ご紹介ありがとうございます♪
小川糸さんは好きな作家さんのひとりです。
「食堂カタツムリ」よかったですよね。
小川さんは料理も楽しみだし心温まります。
谷中が舞台の「喋々喃々」も何度も読みましたね。

ガラスペン綺麗ですね〜
つい見とれてしまいますね。

宇江佐真理さんの小説ですが母がすっかり
はまってしまいました。
面白くてスラスラ読めるといってもう3冊も
読破してます。








ひまわり
2016/05/01 17:38
 ひまわりさんへ
新刊ですよ〜(^^♪
『食堂カタツムリ』・・・ホント!よかったですね。

ガラスペン・・いいでしょ!使わなくても眺めているだけでもいいですよ〜(^^♪

気に入っていただけましたか。
よかったです。
ほっこりさせられる作品が多いですからね。
楽しまれることでしょう。
ねこのひげ
2016/05/01 18:42
お久しぶりです
ライト型のブックマーカー可愛いですね
ガラスペン、10年ぐらい前に買いました  ず〜っと欲しかったんですよ
でも使ったのは2,3回(汗  久しぶりに出してみようかな?
『食堂カタツムリ』映画の方は観たのですが、原作はまだです
『ツバキ文具店』も気になります 両方とも読みたくなりました
マーシャの乳母や
2016/05/08 00:16
 マーシャの乳母やさんへ
お久しぶりです〜♡
かわいいでしょ。思わず買ってしまいました。
ただ、文庫には無理なようで単行本向きです。
ガラスペン・・・たまに使うからいいんですよ(≧◇≦)
読んでみてください大きな事件は起きませんが、ホッコリさせてくれます。
ねこのひげ
2016/05/08 05:20

コメントする help

ニックネーム
本 文
小川糸著『ツバキ文具店』 ねこのひげ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる