ねこのひげ

アクセスカウンタ

zoom RSS 航空科学博物館ー館内

<<   作成日時 : 2012/09/25 04:48   >>

ナイス ブログ気持玉 31 / トラックバック 0 / コメント 25

画像
今回は、航空科学博物館の館内の紹介です。

入場券を購入した時にくれるワッペンを胸にでも貼り付けておくと、1日に何度でも出たりはいたりできます。

画像

この模型はスイッチで上昇や旋回の様子を見せてくれます。



画像




画像


画像



ジャンボの操縦席の手前にこんなものが・・・・・・
画像


綾瀬はるかさん・・・・ということは?
画像

映画『ハッピーフライト』なかなかおもしろい映画でありました。

サインがコクピットの壁にしてありました。
映画の撮影に使用されたんですね。

画像



画像



ジャンボのエンジン。

デカイ!?

画像




こちらはなんでしょう?
画像



画像



画像


ゼロ戦のコクピットでありますよ。

座ることができます。

誰かさんなら、狂喜乱舞しそうですな〜

しかし金属の椅子とは・・・座り心地無視ですな〜


これなんかも狂喜乱舞ではないかな?
画像


画像



『ベル XS−1』の頭部でありますよ。




画像

イスパノイザエンジン・・・・・


画像





こちらは、超大型爆撃機『富嶽』に使われる予定であったエンジンであります。

画像

フジツボなどがついていたから海から引き揚げられたのでしょう。



画像




模型も展示してあります。
画像



画像



画像


画像



画像



画像



というところですが・・・・


さらに、成田空港のジオラマもありました。


そうそう外にはこんなものも・・・・・
画像



画像

この上には、レストランがあって、成田空港を眺めながら食事ができます。


画像



画像



画像



画像



飛行機好きな方なら、一日中いても飽きないでしょうね。


また、いくかな?


ゼロ戦の操縦のシュミレーションもできるマシンが置いてありました。


かの著書『大空のサムライ』で、世界的に知られるエースパイロット『坂田三郎』が作った飛行訓練用のコースを体験できるそうです。

ジャンボの操縦も体験できます。


今回は時間がなくて、できなかったので、また暇を見て行ってこようと思うのであります。






                               








テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 31
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
面白い 面白い 面白い 面白い
驚いた

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(25件)

内 容 ニックネーム/日時
ゼロ戦のコックピットまであるんですか
ビックリですね
しかも 鉄の板の椅子だけっていう・・・当時は敵を倒す事だけ考えていて パイロットの事なんて考えていなかったんでしょうね
祖父の妹は 戦中 航空審査部の事務員をしていました
90歳で まだ元気ですけど 見たら懐かしがるだろうな・・・と思いました

シュミレーターがあるなんて 飛行機マニアには たまらないですね
みるしっぽ
2012/09/25 07:48
☆ みるしっぽさんへ
なにがあったか忘れて行ったもので、あらためて驚きました。
鉄の板の椅子に座って、戦争なんて・・・・大和魂で乗れ!なんていわれていたんでしょう。

マニアにはたまらないでしょう。
見学に来ていた子供たちも大騒ぎしてました。
ねこのひげ
2012/09/25 08:25
櫻弁当も、ゼロ戦の椅子が鉄の板というのには驚きました。座布団持って入ったりしたら、軟弱と咎められたでしょうね。パイロットが疲れたら負けやすいなんて、考えもしなかったんでしょう。時代が変わって良かったです。(笑)
面白そうな博物館ですね。
櫻弁当
2012/09/25 11:32
こういうの見ると模型が作りたくなりましね〜
製作意欲がわくというか…ですね。
かるち
2012/09/25 11:35
飛行機好きでなくても操縦体験など出来ると結構楽しめそうですよ。私は先月読んだ「永遠の0」の余韻がまだ残っているのでゼロ戦を見てみたいですねぇ。レトロなプロペラ飛行機なども興味ありますがエンジンはちょっと… へぇ〜で終わりそうです(笑)
向こうに住んでいた時ワシントンDCの航空何とか博物館?に言ったことがあります。時間がなくてじっくり見られなかったからか天井から吊り下げられた飛行機が沢山あった事しか記憶にありません。すごくもったいないですよね。
うずら
2012/09/25 12:05
ライブシュミレータがあるんですね!
気分は田宮二郎の「白い滑走路」でやんすね←古いね(爆)
フラップ スリーゼロ

是非とも行ってみたいですね〜

ゼロやXー1のコクピットに乗りたそうな方ってあのプロモデラーの方ですね(笑)

実は私も・・(爆)
ボーイング渡辺
2012/09/25 15:15
ねこのひげさんの好きそうな世界ですね♪
私も、模型を見たり、コクピットに座ったりは してみたいですが。
むき出しのエンジンは・・・よくわからないです(笑)
あ、空港を眺めながらのお食事は、とっても楽しそう。これに一番、心惹かれたかも(^◇^)
キーブー
2012/09/25 17:21
☆ 櫻弁当さんへ
クッションを執りつけるようにもなってないです・・・・座布団でも持ってはいたのかな〜?パイロットの戦闘服というのは防寒になっていたから、これでよかったのか?
とか色々思いました。
ちょっと、ひと味違った博物館です。
ねこのひげ
2012/09/25 18:14
☆かるちさんへ
ですね〜(*^。^*)
参考になりそうなものがゴロゴロしてました。
ねこのひげ
2012/09/25 18:15
☆ うずらさんへ
この日は、見学しているうちに、子供が増えたりで、ちょっとおじさんが操縦体験を・・・・
というのには気恥ずかしかったのでやめときました。

男はこういう機会の内臓に興味がわくんですよ。

ワシントンですと、スミソニアン博物館の国立航空宇宙博物館でしょう。
ここは、全部見るのに1週間ぐらいはかかりそうなくらい広いですからね〜
全部観るのは、なかなかですね。
映画『ナイトミュージアム2』はこのスミソニアンが舞台でしたね。
ねこのひげ
2012/09/25 18:25
☆ ボーイング渡辺さんへ
操縦の仕方も教えてくれるみたいですよ。

誰かさんというのは、ボーイング渡辺さんを含めて飛行機好きな全員の方の事ですけどね〜
いちど行かれてみるといいですよ。
なかなか面白いです。
ねこのひげ
2012/09/25 18:30
☆キーブーさんへ
ひさしぶりに楽しんできました。

どうやって飛ぶのかを考えたり、このエンジンで飛ぶのか〜と思うのでありますよ(^^ゞ
メニューは平凡でしたが、飛行機を見ながらというのが、いい味付けになっております。
次回はおみやげの紹介を・・・・
ねこのひげ
2012/09/25 18:34
JーBカッコいいですね。
飛行機は離陸時の浮く感じが好きです。
成田はやはりスケールが大きいですね。
ひまわり
2012/09/26 15:22
☆ ひまわりさんへ
ですね〜♪
成田はいなかにあるからゆっくりと離陸できたり着陸できたりするのがいいですね。
ロスアンゼルスなどは、ビルの谷間に突っ込んでいく感じがして緊張します。
ねこのひげ
2012/09/26 18:17
空を飛ぶのはいやだけど、飛行機自体は好きです。「紫電改の鷹」(この漢字でよかったかな?)なんて、こどもの頃漫画を読んで、戦闘機の操縦がしたいなんて思ってました。
機会があったら博物館覗いてみます。
moumoupapa
2012/09/27 06:22
☆ moumoupapaさんへ
『紫電改の鷹』ねこのひげも子供のころ読んでました。

ぜひ、機会があったら行ってみてください。
久しぶりに行って、おもしろかったです。
ねこのひげ
2012/09/27 07:42
軽量化のために肉抜きまでされているシートじゃ後ろから被弾したらひとたまりもありません。米軍機はシートの後ろに厚い鉄板が付いていました。
零戦のパイロットは落下傘を敷いた上に座っていたようです。
ディアゴスティーニの1/16零戦21型を苦労して作ってから器用になりました
mass748 近堂
2012/09/27 12:22
☆ mass748近堂さんへ
ディアゴスティーニの1・16零戦21型を作ったんですか!
それはすごい\(◎o◎)/!
記事にされましたか?
されてなかったら、ぜひ、記事にして写真を公開して欲しいですね〜
ねこのひげ
2012/09/27 18:14
新旧取り混ぜいろんな飛行機が展示されているんですね
零戦のシートは確かパラシュートを座布団代わりにしていたと聞いたような、、、
照準機は「98式射爆照準器」かな? 松本零士さんは本物持っててよく漫画に描いてましたね
X-1はちょっと乗ってみたかったりする
マーシャの乳母や
2012/09/27 21:48
↑『ベル XS−1』ですた〜〜 汗
マーシャの乳母や
2012/09/27 21:49
☆ マーシャの乳母やさんへ
はい、博物館ですから・・・・
パラシュートというのはいささかあきれますね。
座席が鉄板一枚というのもどうかと思います。
だから、負けたんですな〜
『96式射爆照準器』たぶんそうでしょうね。
ゼロ戦は乗れるようになっていましたが、さすがにベルXS−1は乗れるようになってませんでした。

しかし、マーシャの乳母やさんは詳しいですね。
鉄道マニアの鉄女というのがいますが、さしずめ飛天女ですかね?(*^。^*)
ねこのひげ
2012/09/28 05:11
いえいえ、ちっとも詳しくなんか無いですよ〜
昔、松本零士の戦場シリーズとか読んでいただけです
でも、飛天女 うれしいかも〜 飛んじゃいますよぉ〜
マーシャの乳母や
2012/09/29 01:00
☆ マーシャの乳母やさんへ
ねこのひげも松本零士さんの戦場シリーズは読んでましたよ。

ぜひ飛んでみてくださいヽ(^。^)ノ
ねこのひげ
2012/09/29 18:24
航空機にせよ鉄道にせよ、やはり男子はこういう科学というコトバに弱いですね。
ぜひとも行ってみたいと思ってしまいます。
ひるま
2012/09/30 15:33
☆ ひるまさんへ
男子は好きですね〜
最近は、女子でも飛行機好きが増えているそうですけどね。

ぜひ、機会があれば行ってみてください。
ねこのひげ
2012/09/30 18:28

コメントする help

ニックネーム
本 文
航空科学博物館ー館内 ねこのひげ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる