ねこのひげ

アクセスカウンタ

zoom RSS 再び『ジョン・カーター』と『バトルシップ』・・・そして事故

<<   作成日時 : 2012/04/28 04:53   >>

ナイス ブログ気持玉 22 / トラックバック 0 / コメント 22

なぜにウケない?ウケなかったのかが、よくわからん・・・・・
けっこうおもしろいジャン。
というのが『ジョン・カーター』を観ての感想でありますな。
画像


あちらで赤字赤字大赤字と騒いだので、日本でも入らなかったのか?

人は情報というかマスコミに惑わされるからね。

おかげで、広い映画館の中でひとりで観ることになった。

ありがたいことに・・・
画像



画像

生まれてこの方、映画館で、映画を一人で観たなんて初めての経験でありますよ。
文芸坐でもなかったな。

170人座れるところに一人で座って観た。




始まってしばらくして、まわりを観たら、だれもいないのに気がついて、で、隣の席に足を延ばし体を伸ばして、頭を椅子の腕に乗せ、まるで自宅のコタツで観るような格好で観させていただいた。


2時間17分は、おっさんにはいささかきつい。

腰に来る。

終わったあと、タイミングよく『バトルシップ』が5分後に始まる時間であったのでついでに見ることにした。
画像


シネマコンプレックスの良いところだ。

いつ時間が取れるかわからないというのもあったしね。

きついけど、見ることにする。

スケジュールを見ると、とうぶんの間、見たい映画はなさそうだし・・・・

『アーティスト』もやっていたが、これは別の機会にじっくりと観ることにしたのである。
大人向けに、上映時間が午後6時以降であったし・・・

2本立て続けに見てはいかん映画でもありますからね。
画像

このエイリアンの武器。まるでベイブレード(回転独楽)のようで・・・・・説明なし。必要ないか?


2時間がきついと言いながら、もう2時間観ようというのだからどうかと思う。と・・・・・思いながらも観た。


こちらのほうが、多少人数が多く入いていた。
20人ぐらいいたかな?
画像

この映画『バトルシップ』は、まさにねこのひげが小学生のころ遊んでいた海戦ゲームそのままで、監督のピーター・バーグも子供のころ『バトルシップ』ゲームで遊んでいたそうである。

『バトルシップ・ゲーム』について、簡単に説明すると、ノートなどの紙に、縦横の升目を書き、マスの外の縦に番号、横にアルファベットを書く。

対戦相手に見えないようにして、自分の好きなところに、戦艦、巡洋艦、駆逐艦などを書く。

そして、相手が、どこに軍艦の印をつけたかを探っていくゲームである。

後にトミーから、ボードゲームとして発売され、野球盤みたいな魚雷ゲームなどというのも出た。

言った升目に戦艦があれば、当たりと言わなければならないし、近いときは近い。遠いときははずれたと言わなければならない。

たとえば、Aの1に戦艦があり、Aの2と言われたら近いと言う。Aの1と言われたら当たりという。Bの5だったらはずれと言う。

ただし、戦艦は4回まで当たらなければ沈まないとか、駆逐艦は2回とかあらかじめルールを決めておく。

舟であるから移動も可能で、4マス移動とか言って移動することもできる。

で、対戦相手の船を全部撃沈したら勝ちというゲームである。

この映画でも、エイリアン相手に同じような展開をするシーンが出てくる。

浅野忠信さん演じるナガタ一佐の発案による攻撃方法である。

監督の幼いころへのオマージュでありますかな。

思わず笑ってしまった。




驚いたのは、浅野忠信さん、どうせチョコと出るだけだろうと、思ったら、全編出まくりの上に、最後の最後まで活躍するダブルキャストと言ってもいい扱いでありました。
画像



ある意味、テイラー・キッチュよりおいしい役どころでありましたよ。

最後には、みんなから記念写真を撮られまくる。
画像

最初、反目し合っていた二人が戦ううちに助け合い理解し合うようになるという定番のパターンであるが・・・・・

日本人が汚い手を使うと言うシーンが何か所かあったが、これはパールハーバーのことがあるからだな。

じっさいは、逆だろう?だけどね。

画像


さらに、アメリカ映画に出てくる日本人というと、どう見ても、よくて韓国人か中国人。酷い時は東南アジア系にしか見えない日本人が並ぶのだけど、この映画の日本人、自衛官たちは日本人に見えるな〜?と思っていたら、エンドロールで、日本人の名前がズラズラと出て来た。

さすがに自衛官が日本人に見えないのではまずいと思ったかな?
画像

このエイリアンの乗り物。まるでジャンボみたいで・・・・クジラかイルカみたいに海の上を跳ね回る・・・・トランスフォーマーを作った会社だから、デザインがどこか似ている。

これが、ハワイ沖で、太平洋周りの国々が共同でリムパックと呼ばれる軍事訓練を行っているさなかに、あらわれる。

リムパック(Rimpac)とは、環太平洋海軍合同演習のことであるが、アメリカと日本以外は、まさにサシミのツマ状態で、エイリアンと戦ったのはアメリカと日本の軍艦だけでありました。

さらにその中の三隻のイージス艦のみが、エイリアンの作ったバリアーの中に閉じ込められることにより、実際の戦闘を行った。

敵も三隻なのが笑う。

カナダ、オーストラリア、ニュージランド・・・14か国の軍隊が参加しているはず・・・・どこにいった?でありました。

実際にも、アメリカ艦隊と日本の海上自衛隊が圧倒的な戦力を持つけどね。

エイリアンの戦闘力も、人間の戦力よりすこし上程度の戦闘力で、ほぼ互角で戦う。

圧倒的過ぎだとゲームにならないからね。

今回の戦争は、偵察に来た一個小隊を叩き潰した程度というところでありましょうかね。

次回は、大部隊が・・・・さあどうしましょう?



画像
アレックス・ホッパーの恋人サム役のブルックリン・デッカー。

なかなかの美人ではないかと思ったら、ノースカロライナのショッピングセンターで買い物中にスカウトされるという、まるで日本のアイドルのような経歴の持ち主。

ウェディングドレスのモデルからキャリアをスタートさせ、「スポーツイラストレイテッド」のグラビアモデルで全米で大ブレークしたそうだ。

画像検索したらあったのでサービス!サービス!
画像


さもありなんのナイスバディー。

男性陣も筋肉隆々のむきむきマンが勢ぞろい。海軍軍人だからね。

だから、女性のお客が多かったのか?


画像

この映画は、テイラー・キッチュが演じたアレックス・ホッパーの成長の物語でもある。

短気で身勝手な男が、一歩後ろに下がるということを覚えていく。

定番ではあるけどね。

ポッパーというのは、バッタなどの跳ねる虫のことをさす言葉であるが、人間を指す場合、はねかっえりとか、ちょっと頭のおかしい異端児をさすスラングでもある。

世間からはみ出した主人公にふさわしい苗字かな?


エンドロールの後に次回作に続くという定番のシーンもある。


これも定番♪ あれも定番♪   でもおもしろいからいいんじゃない?


ユニバーサル映画百周年記念映画バンザーイ!


お祭り映画バンザーイ!



比べてみるに、デイズニー生誕110周年記念映画『ジョン・カーター』のほうが、作品としては上でありますな。

上品だし、シックで可憐で壮大。よいではないか。

画像

細部まで、これでもかというぐらい作られていたし、ストーリーもよくできている。

最後のオチも気に入った。


エンドロールの最後の最後に、”時代の改革者スティーブ・ジョブスに捧ぐ”の文字も・・・


なぜ赤字なんだ?


わからん。


いまからでも遅くない!


観に行け!


損はしないよ!!


画像

『バトルシップ』もそう来たか!で楽しめた。

これも定番でありますがね。

ラストでは、『老兵は死なず、さらに戦う』で拍手喝采でありましたな。

日米、老若男女、一致団結して、エイリアンにあたる。

錆びついたアナログなご老体が、現役復帰してエイリアンと戦う。

1トンもある砲弾を150メートル先まで運ぶ姿はアナログの極致であります。


驚いたのは、ミック役のグレゴリー・D・ガドソン。CG合成かと思ったら、じっさいにそうだというので驚いた。


『ジョン・カーター』は上品すぎたのかな?

もっと、派手に、『スターウォーズ』のように畳み込むようにドンパチをやったほうが・・・・でもそうすると100年前の優雅な作風が壊される可能性があるな。

デジャー・ソリスが、筋肉隆々なおばさんだったのが、気に入られなかったかな?

『スター・ウォーズ』のアミダラみたいな御姫様然とした雰囲気のほうがよかったのか?

画像

リン・コリンズ。『ウルヴァリン』のときは良かったけどね。39歳。29歳程度のを探したほうがよかったかもね。

王女様なんだからね。

あの飛行艇。プラモデルで出さないかな?
画像


ちょっと作り難そうだが・・・・ファインモールド出しませんかね?


キャラクターアイテムとして売り出されるようなデザインのキャラをもっと出した方がよかったかも・・・・
画像



画像
ウーラ。愛嬌あったけど、子供にはウケそうにないものな〜

グッズです。
画像
ウーラのついたキーホルダー


画像
こちらはピンズ


ちょっと大人向けすぎたかな?

『バトルシップ』もキャラクターアイテムが少ない。

グッズはゼロ。

映画に出てくる空母ロナルド・レーガンや戦艦ミズリー、駆逐艦サンプソン、浅野忠信が艦長を務める日本海上自衛隊 イージス護衛艦みょうこうは、実際の実在の護衛艦であり、プラモデルはすでにあるし、敵のメカもエイリアンもグッズになりにくいデザインだった。


その点、やっぱり『スターウォーズ』はすごい。


そこら中、グッズやプラモデルになりそうなのばかりのオンパレードだったもんな。

そこまで考えて作っているんだね。

ジョージ・ルーカスは、金儲けの天才でありますな。



観終わって、さすがに4時間以上映画を観るのはきついな〜腰がいてぇ〜と思いながら、駐車場に向かう。


車の側に行ったら、青い顔した女性が立っていた・・・・・?

???????

気分でも悪いのかと思ったら「あの・・・・・・この車の方ですか?」と聞く。

「はい・・・・・?」

「すいません!ぶつけてしまいまして、すいません!」


『えっ?』である。


「どこ?」


「ここです。すいません!」


見たら、フロントのバンパーの保護用のゴムに擦り傷が付いていた。その下のバンパー部分にも擦り傷が・・・・・
画像



駐車しようとして、ぶつけたそうである。

「すいません!すいません!」となんども頭を下げる。

「まあ・・・・ぁ、いいさ」と言ったら「えっ!?」とビックリした顔をされた。


「フロントランプやフロントガラスを割ったとかいうなら弁償してもらうけどね。まあこのくらいならいいさ」

「す、すいません・・・・・・・」

「でもね。おれみたいなタイプばかりじゃあないからね。気を付けないと・・・」

「はい、すいません」

「因縁つけられて、大した傷でもないのに30万円払えとか、これじゃあ、乗れないから新車買って返せ!なんて奴がいるからね。気を付けて運転しないと」


「はい、すいません。ありがとうございます。すいません。」


「安全運転してください」と言って乗る。


駐車場から出るときも「すいません、すいません」と最敬礼でお見送りしてくれた。


車を傷つけられたのは気分はよくはないけど、修理してもらうとなると、警察を呼んで事故証明をしてもらわなければならないし・・・・なんやかやでめんどくさいんだよね。

映画2本見てくたびれているときに、そんなこと・・・・メンドクセ〜!である。

という心境でもあったので。

バンパー保護用のゴムなど、そんなに高くないしね。傷は車用の筆ペンで塗っておくさ。


それより帰って寝たかったのである。


やれやれ、くたびれた。


帰ったら、早々に風呂にはいた後、寝た。






                       


ーーーーーーーーーーーーーーー
参考資料




1/700 イージス 護衛艦 みょうこう J16
ピットロード

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 1/700 イージス 護衛艦 みょうこう J16 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル






1/700 イージス艦 No.8 ジョンロジャース
マイクロエース

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 1/700 イージス艦 No.8 ジョンロジャース の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 22
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた 驚いた
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)
面白い

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(22件)

内 容 ニックネーム/日時
ジョンカーター 確かに赤字だって言われていましたね〜
まさか お客さんが ねこのひげさん ひとりだったとは(驚)
得した気分のような・・・ ホラー映画だったら ひとりは怖かったかも??

事故 たいしたことじゃなくて良かったですね
みるしっぽ
2012/04/28 07:12
☆ みるしっぽさんへ
座って待つ間に誰か入て来るだろう?と思ってましたが、始まって周りを見たら誰もいませんでした。
独り占めでした(*^。^*)
ホラーだったら・・・一人をいいことにおもいきり悲鳴いをあげたかも

ぶっつけたと言われたときは、ギャッ?でしたが、擦りキズだったので勘弁しました。
ベッコリへこんでいたら、修理してもらいましたけどね。
ねこのひげ
2012/04/28 07:39
ねこのひげさん、カリフォルニア州のSacramentoからのはじめてのコメントです。Sacramentoは桜弁当のベをメにとりかえるとちょうどよい発音になります。

“ジョンカーター”は確かにbomb (=total failure)でした。話題にもなっていない。ひとつは題名があまりにもつまらなかったからではないかと思うんです。全然キャッチーでない。残念なことです。20年くらい前に、ティムロビンスが主人公を演じた、濡れ衣の殺人罪で刑務所に入れられた銀行家が何十年もかけて脱走を計画し成功するという実話にもとずいた“Shawshank Redemption”(ショーシャンクの空に)という映画がありました。これも題名がつまらないということであまり当たりませんでした。でも後になっていい映画だということで、このごろTVでしょっちゅうやっています。“ジョンカーター”もそういうことにならないかな。

車あてられたの、ひどくなくてよかったですね。あてた人も良心的そうだし。

サブちゃんはタキシードですね。
桜弁当
2012/04/28 07:41
“Shawshank Redemption”(ショーシャンクの空に) は実話ではなく、スティーブンキングの小説でした。スイマセン。
桜弁当
2012/04/28 07:58
☆ 桜弁当さんへ
なるほど、Sacramentoで桜弁当ですか。
しゃれたニックネームですね。
『ショーシャンクの空に』もそうでしたか。いまや名作中の名作として知られてますけどね。
『ジョンカーター』もなるんでしょうね。キチンと作られているし、シックだし、火星(バルスーム)に帰る手段も・・・

以前は、買い物して帰ってきたら、へこんでいたことがあります。
相手はわからずじまい。
待っていて頭を下げてあやまるだけ立派と思って勘弁しました。

やっぱりそうですか。
タキシード着ているんだから、おとなしくしていてくれると、うれしいんですけどね(^^ゞ
ねこのひげ
2012/04/28 08:05
☆ 桜弁当さんへ
ねこのひげもよく誤字脱字、名前の間違いをします。

スティーブン・キングは、ホラー小説が、日本で人気があるので『ショーシャンクの空に』は最初から評判でした。
ねこのひげはアンソニーホプキンス主演の『アトランティスのこころ』が好きです。
ねこのひげ
2012/04/28 08:13
面倒な時ってありますね〜 それも分りますが、でも許してあげるなんて優しいですね〜 やっぱり相手の出方次第とか、若い女性だったからとか(むふっ) 
私は若い頃の事故で“これで勘弁してくれ、急ぐから”って¥3000渡されて唖然としたまま立ち去られたことがあります。工事現場へ急ぐっていう感じの車でしたけど、家で話したら叱られました。
pmarin
2012/04/28 08:47
 お疲れさまでした。4時間以上も映画を見続けるなんて、体力・気力のなくなったバカ親父にはもう無理です(~_~)。
 それぞれの映画の面白さがよくわかりました。「ジョン・カーター」を観たいです。“上品だし、シックで可憐で壮大”というのがイメージとしてわかるような気がします。わが年代の者には合っているようです(^^ゞ。
 車に対する日本人の感覚は、“贅沢品”という思いが抜けないのかもしれません。車は道具だから、傷があってもいいと思ってます。バカ親父は洗車なんてしたことないし、傷だらけ埃だらけです。売るときには安く叩かれるかもしれませんが(^^ゞ。
 ウインドウだけはいつもきれいにしてますけどね(~_~)。
遊哉
2012/04/28 11:47
『老兵は死なず、さらに戦う』、まさにそんな感じ。私の頭に浮かんだ言葉は『亀の甲より年の甲』でしたけど^^;
私も、作品としては『ジョン・カーター』の方が上だと思いました。ギネス級の大赤字だなんて・・・気の毒すぎるなあ(~_~;)
古き良きSFの世界の雰囲気がよく出てたのに。

『バトルシップ』はそれと反対に、ストーリーや人物の機微というよりは映像を楽しむ感じでしたよね。
津波ブイの動きを見ていた女性軍人が「バッタみたい」なんて言うシーンもありましたが、主人公の名前もホッパーだしね、なんて思ったり(笑)

車の運転、私は免許を持ってないので縁がないですが。
昨今のニュースを見てたら怖くて今さら手を出せないです(>_<)
こぶたたちからは免許を取ったらいいのに、なんて言われてますけど。。。
キーブー
2012/04/28 14:07
ディズニー作品にハズレがあるとは思えないですけどね。
観客1人というのも珍しいですが貸切状態も悪くないですよね。
文芸坐!ファンも多かったですねー。
私は腰痛もちになってしまったので映画も長くは
キツくなりました^^;腰、お気をつけください。
『バトルシップ』でキーブーさんが見たこともない武器と
言っておられたのが気になってましたがこれが!そうなんですね。
自分の内なる男性的視点で眺めてしまいます。まあ、それに比べると
ロケットランチャーなんかカワイイ方ですか。

映画の余韻があるところに最後が疲れましたね。
ねこのひげさんだから相手の方、助かりましたよね。





ひまわり
2012/04/28 14:51
☆ pmarinさんへ
整備に出したら、隠れたところに、大きな損傷が!みたいなことがあるから、実際は、名前と住所ぐらいは、最低でも聞いておく方がいいんですけどね。
警察に来てもらって、事故を証明してもらうのが一番ですけど・・・・
なんやかや・・・(ーー゛)ヤ・メ・タ・・・・でした。
ねこのひげ
2012/04/28 17:59
☆ 遊哉さんへ
『ジョン・カーター』を、横になって観たので、つい2本も観てしまいました。
よく作られた映画でありました。

ねこのひげも、ワックスかけなどしません。半年点検の時、整備してもらって見違えるようになって帰ってくると、やるべきか?と思いますけど・・・
けっきょくやりません。
フランス人など、バンパーは押しのけるために付いていると思ってますからね。
売れないと言われました。むしろ引き取り賃を取られるそうです。
アチャーッ!(+o+)
ねこのひげ
2012/04/28 18:06
☆ キーブーさんへ
『バトルシップ』
実際には、あれを動かすとなるとあんな短時間では動かせませんけどね。
まあ、それは映画の世界ということで・・・老兵の戦いのシーンは圧巻でありました。
ああはいかんとわかっていても、いいですね。あれはっ!

『ジョン・カーター』のほうが、作品としてはいいですけどね。
両方とも好きです。

最近の事故を見ていると、取りたくなくなる気持ちもわかりますが・・・
日本人の場合、身分を証明する手段が、免許以外、あまりないですからね。
あれば、便利です。
ねこのひげ
2012/04/28 18:15
☆ ひまわりさんへ
ハズレてはいないですね。むしろ、いい作品だと思いますよ。
宣伝の仕方を失敗したのかな?と思われますね。
おかげで貸切状態で、長椅子に寝ているみたいな状態で観れました(^^ゞ

最近の映画館の椅子は、昔の映画館のイスと違ってかなり良くなってますけどね。
それでも2時間以上座っていると痛くなりますね。

そう、疲れたけど、おもしろかったな・・・と思って出てきたら、ドッと疲れが出るようなことをしてくれるんで、まいりましたけどね。
警察を呼ぶほどでもないなと思ったので、勘弁しました。
警察が来るとなおさら疲れるので・・・(ーー゛)
ねこのひげ
2012/04/28 18:25
『ジョン・カーター』タイトルが悪いですよね〜 古参のSFファン以外ピンと来る人いないのでは? もっと今風にすれば(若しくは古風に?)よかったかも。近所で上映しているところあったかなぁ? あったら観に行きます(私も一人だったらどうしよう
事故の方はたいしたことが無くてよかったですね〜 その女の人いつから待ってたんだろう?まさか4時間?!
マーシャの乳母や
2012/04/28 23:07
ぽちゃ子出ました。温かいコメントありがとうございました。これでのんびり映画でも行けるかな〜
かるち
2012/04/28 23:14
☆ マーシャの乳母やさんへ
そういう意見が多いですね。
『火星の王女』とか『火星のデジャー・ソリス』とか『バルスームへの帰還』とか『マーズ・ウォー』とか、もっと内容を示すようなタイトルにしたほうがよかったかも・・・・

4時間と言われて思い出しましたが、バックミラーで見たら、携帯で電話しているのが見えたから、もしかしたら一度警察が来ているかもしれませんね。
何時間も待っていられないから、自動車の持ち主が来たら電話しなさいとか…言われていたかも。
ねこのひげ
2012/04/29 04:11
☆ かるちさんへ
それは良かった。
もしかしたら運動不足だったかも・・・サブは運動のし過ぎで、痩せてきたし、毛の艶が悪くなってきて、近所の奥さんに、「まるで野良猫みたいになったわね・・・」と言われてしまいました。(-_-)
いまも、エサを食べたあと消えてしまいました。(ーー゛)
ねこのひげ
2012/04/29 04:18
バトルシップのCMを見て。
エイリアンの攻撃がどう見ても「ガンダムF91」に登場していた“バグ”にしか見えない。だから日本向け〜な感じで見てしまいます(レンタルで良いや)。
ジョン・カーター、あまりTVで宣伝していなかったような気がします。
ひるま
2012/05/05 11:45
☆ ひるまさんへ
デカい画面のほうが迫力ありますけどね。
たしかに『ジョン・カーター』はあまり宣伝してなかったですね。
宣伝しなくても売れると勘違いしたかな?
ねこのひげ
2012/05/05 20:36
伝え聞いた噂?によりますと『真面目に作りすぎた』とか。実はわたしもまだ観てません。同日公開のBattleshipのほうを選びました。DVD出たらレンタルしたいと思います。
Hamuたろ
2012/05/05 21:44
『ジョン・カーター』
そうですね。真面目に作りすぎたのかもしれませんね。
じつに細かいところまで丁寧に作られてます。
テレビで画面を止めて見てみたいところが何か所もありました。
ねこのひげ
2012/05/06 06:39

コメントする help

ニックネーム
本 文
再び『ジョン・カーター』と『バトルシップ』・・・そして事故 ねこのひげ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる