ねこのひげ

アクセスカウンタ

zoom RSS 江戸の大地震で、次の大震災を懸念する

<<   作成日時 : 2012/03/02 06:05   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 16 / トラックバック 0 / コメント 12

画像
3月11日が、近づいたので、もうひとつ地震について書いてみようと思います。
3月1日の朝7時32分過ぎにも東海村で震度5強の地震がおきましたしね。
東京の地震というと、大正12年に起きた『関東大震災』が有名であるが、東京がまだ江戸と呼ばれていた時代、江戸時代の初期にも大地震があったそうである。
『元禄江戸大地震』と4年後に起きた『宝永大地震』である。
『元禄江戸大地震』は、1703年、元禄」16年に、房総沖を震源として起きた。このとき、現在の野島崎灯台のあたりは島であったのが、隆起して本土と繋がり、現在のような半島状態になったそうである。
画像





映画『武士の家計簿』の原作を書いた日本史家の磯田道史さんは、連載されている読売新聞の『古今をちこち』で、この『元禄江戸大地震』に遭遇した京都の賀茂神社の神職が東海道の戸塚宿(現在の横浜の戸塚)で遭遇したときの記述をもとに、地震の揺れ時間を量ってみたことを書かれている。

江戸時代の時間の量り方はあいまいで、一刻がいまの2時間であり、その一刻を4つに分けた四半刻が30分であり、それ以上小さい、分とか秒という単位はなかったので、江戸時代の人が地震の揺れを感じたのが、何分か何秒かわからないので、書き残した文章と同じ行動をしてみたそうである。

ストップウォッチを持って、神職が、地震の揺れから逃げ回る通りをやってみたら、最低でも45秒はかかったそうである。

さらには近衛基熈(もとひろ)という太政大臣にまでなった公家が書いた『基熈公記』に書かれている記述によれば、「道二町ばかりおもむろに歩く間」とあり、二町とは約218メートルであるから、163・5秒、約3分は揺れていたことになるそうである。

公記とは、日記のようなものである。


さらに、『基熈公記』には、江戸から離れた静岡県の新居宿を壊滅させたという記述があったそうである。


この『元禄江戸大地震』の直後に東海道を江戸に向かっていた医師の谷村慶柳によれば、「新居、人馬ことごとく死す。泊まりの船、数を尽くして破損、あるいは逐電す」とあるそうである。

つまり、地震の後に新居宿という宿場町を津波が襲ったのである。

逐電ということは、津波で船が流されてしまったということである。

つまり『東日本大震災』による福島の気仙沼などと同じ惨状が過去、江戸時代にもあったということである。


新居宿というのは、いまの浜名湖湖口ふきんの湖西市あたりであり、東海・東南海・南海の連動地震が起きれば、地震だけでなく、巨大津波に襲われる可能性が、現在でもあるということである。







地図を見てもわかる通り、海にも近いし、東海道新幹線も通っている。

新幹線が通過中に、津波が襲えば、死傷者はとんでもない数に上るだろう。



そして、『元禄江戸大地震』の4年後の1707年10月4日に起きた『宝永大地震』は、震度8・7ぐらいと推測され、日本で起きた最大の地震と言われている。

富士山の大噴火、『宝永大噴火』も、この年で、11月23日に起きてますから、地震は、噴火の前兆現象ではないか?と言われてます。


この『宝永大地震』の時の『基熈公記』の記述によれば「道歩く者、7,8町ばかり歩く程の間なり」とあるそうで、10分は揺れていたことになるそうである。

『東日本大震災』の時の揺れが200秒以上、約3.4分以上あったそうで、これは『阪神淡路大震災』の10倍以上の長さだそうである。

つまり、10分も揺れるということは、とんでもない長さなのである。

タワーマンション大丈夫か?スカイツリー大丈夫か?

ポキッと折れたりしないか?

折れなくても、あの上で10分間も揺すられていたくはないな・・・・・・・


この『宝永大地震』は、南海トラフ連動型地震であり、現在起きても10分間は揺れる可能性があるということである。

画像

その前もその後も、地震は何度もあったわけですが、江戸末期の安政2年10月2日(1855年11月11日)に起きた『安政江戸大地震』では、水戸藩の優秀な指導者「藤田東湖」と「戸田忠太朗」が亡くなったために、不満分子を抑える者がいなくて『桜田門外の変』につながったと言われている。

地震が起きなければ井伊大老も殺されなかったかもしれないし、日本の歴史も変わったかもしれない。

この『安政江戸大地震』の前年の1854年12月23日には、『安政東海地震』が起き、36時間後の次の日には『安政南海地震』が起きている。

江戸末期に大きな地震が連動して3回も立て続けに起きているのである。


地震が江戸幕府の寿命をちじめたのかもしれない。


そういった地震についての記述が古文書には書き残されていて無視できないことである。

つまり、現在でも、続けて起きる可能性がないとは言い切れないのである。


東日本大震災があったから、とうぶんの間、大きな地震は来ないだろうと思ってはいけないということである。

忘れてはならないのは、この東日本大震災の起きた3月11日の翌日、3月12日午後3時50分に『長野県北部地震』が発生していることである。

震度6強の地震で、長野県、特に、栄村は、多大な被害を受けたのである。

東日本大震災の影に隠れてしまっているが、大きな被害をもたらしたのである。


ことほど左様に、日本という国は地震と切っても切れない縁で結ばれているのである。


なのに、福島原発建設では、東電は、1000年前だからといって、平安時代前期、貞観11年5月26日に起きた『貞観地震』を無視したのである。

日本史家や考古学者たちが指摘したにも関わらず、無視したのである。


その結果、あのような惨状と醜態を晒すことになったのである。

歴史に学ぶべきでありましょうな。


報道を見ると、何でもかんでも管前首相一人に罪をなすりつけようとしているように見えるが、元凶は東電に天下った官僚のいいかげんさであり、長年の間、天下りを許し続けた自民党政権でありましょうさ。


報道機関も、御用科学者たちもね。


政権を、橋下や東国原に譲って、高級官僚も政治家も全員やめちまえ!

すこしはましだろうさ。


東電が、真摯に受け入れて、原子力発電所を建設していれば、いまの惨状を晒すことはなかっただろうが・・・・・・・・


しかし、そうなれば、いつまでも、天下りの屑どもが居座り続けることにもなっただろうな。


”天網恢恢疎にして漏らさず”とはよく言ったものである。



だが、あまりに犠牲が多すぎたのが無念な事ではある。




                                 

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 16
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
かわいい かわいい
驚いた

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(12件)

内 容 ニックネーム/日時
御意。
震災そして原発事故後、なんでもっと原発に強く反対してこなかったのだろうと後悔しましたよ。
あれ以来、日本人の放射能に振り回される生活が始まり、原発がなければもっと問題は単純だったハズと思いますね。
地震だけではない、これだけ災害の多い国にそもそも原発は無理があるのです。使用済み燃料だって、見通しないままで貯まる一方で、こんな命を掛けた見切り発車がありますか〜?
電気不足で不便になる? 先の見えない今の漠然とした不安よりもマシですね! ・・・とまぁ朝から息巻いてしまいましたが、サブさんはどう思います?
pmarin
2012/03/02 09:26
たびたび地震があったり、3.11が近いこともあって
TVも地震関連のニュースが多いですよね。
歴史を振り返るとそれ程の大災害がありながら
想定外なんてよく言えますよね。
震度7~8揺れの時間が10分!
永遠に続くように感じられるのでは…。
考えただけでぞっとしますね。
サブちゃん半分寝てますか?
ひまわり
2012/03/02 13:21
 歴史に学ばなきゃいけないでしょうね。大地震はいつどこで起きるかわかりません。というか、いつかは必ず起きるでしょうからね。
 備えをしておかなきゃいけないと思います。備えていたから、助かるとは限りませんが、被害をできるだけ少なくすることはできると思います。
遊哉
2012/03/02 14:39
阪神大震災を経験してるので、できればもう生きてるあいだは地震に遭いたくはないのですが(~_~;)
こればっかりは、1回大きいのを経験してノルマ達成、ってことにはならないし(笑)
菅さんも不手際が多かったかもしれないけど、これまで連綿と続いていた自民党政権の責任の重さは、たとえようもないと私も思ってました。んで東電は値上げなんて、どの口で言ってんだ、って感じ(-"-)

サブちゃん、ちろ〜んと見上げた目がかわいくも鋭い!(笑)
タダモノじゃないな〜、って感じです(^o^)
キーブー
2012/03/02 17:56
☆ pmarinさんへ
人間は、なんでも見切り発車してますね。
原爆が広島で使用されたとき、アインシュタインは、賛成したのは間違いだったと言ってますし・・・
自動車も年間5000人の死者を毎年出してますからね。
後悔先に立たずでありますね。(~o~)
ねこのひげ
2012/03/02 18:56
☆ ひまわりさんへ
想定外とは言えませんよね。
その土地で、なにが起きたかは調べてみればわかることですからね。
手抜き工事と一緒です。
10分も揺すられたら、人間ジュースが出来そうで・・・・
サブは、写そうとしたら、目を開けました。
そこをパチリ(*^。^*)
ねこのひげ
2012/03/02 19:00
☆ 遊哉さんへ
歴史に学んで、備えをしておかないといけませんよね。
それでも助かるかどうかはわかりませんけどね。
鴨川市にある仁右衛門島の仁右衛門さんは、1703年の『元禄江戸大地震』で津波に襲われて、屋敷が流された後、高台に屋敷を建てたそうで、それ以降、屋敷が流されることは無くなったそうです。
東日本大震災で被害にあった地区も、二度と被害にあわないように対策を立てたほうがいいですね。
自分の家に帰りたいのは理解できますけどね。
ねこのひげ
2012/03/02 19:09
☆ キーブーさんへ
一度あったから二度目はないと思わないほうがいいのは、江戸の大地震を見てもわかりますよね。
ちょっと調べただけでも、何回あったんだ?というくらいあったんですね。
いま、7時12分ですが、ミシミシと揺れました。

東電にはあきれますね。
国有化されたら保証がどうなるかわからないと被害者を脅かしたりしているし・・・・あきれます。
責任取る気はないんですね。

サブは、夕方、ご飯を食べたら出かけました。
雨が降っているんですけどね・・・・困った奴です。((+_+))
ねこのひげ
2012/03/02 19:18
富士山の噴気は、ずいぶん前から観測されているようですね。
ある人は、自衛隊の演習場のそばにあるクレーターのような個所に行き、熱気や蒸気がふきでているのを、見たようです。
これは、画像がないので、信頼に値するかどうかは分かりません。
自衛隊の演習場内だと書いてありましたが。。。
数年前のようです。
それが、噴火に結びつくかどうかは、わかりませんね。
ずっとその状態かもしれないですね。
こんな状態の島国のエネルギー確保が、原発だとは、、。
あきれます。
現在の生活維持の為に、未来の人達が補うのにも、限度があります。

2012/03/03 23:55
☆ 母さんへ
富士山は活火山ですからね。
宝永の噴火以来おとなしいですけど・・・・人間で言えばきのうのことと言ってもいいような短い時間だそうです。
人間は、性急にすぎたのかもしれません。
しばらく立ち止まってみたほうがいいですね。
ねこのひげ
2012/03/04 06:06
新居宿は浜松のほんの隣
その跡はいまでもあるそうです
こちらの遠州灘のところは、地震がくれば津波は必至ですね
去年の地震依頼、海よりの地域の土地が全く売れなくなったとか
そこから、高台に引っ越す人も居ますよ
新居の近くにSUZUKIの本社があるんですが、やはり高台移転発表しましたし・・
企業は危機管理始めてますが、政府は・・
昔からのこうった教え、ちゃんと糧にしないといかんですね
歴史は繰り返す・・ですから
タフィー104
2012/03/05 06:05
☆ タフィー104さんへ
そちらは、浜松でしたね。
一度ではないですからね。
何度も繰り返しているんだから、政府にはちゃんと考えてもらわないと困りますよね。
ねこのひげ
2012/03/05 07:06

コメントする help

ニックネーム
本 文
江戸の大地震で、次の大震災を懸念する ねこのひげ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる