ねこのひげ

アクセスカウンタ

zoom RSS 雑誌『SA』9月号を買った。

<<   作成日時 : 2011/09/11 04:05   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 16 / トラックバック 0 / コメント 10

雑誌『SA』9月号を買った。SAとは『SCALE AVIATION』の略でプラモデル飛行機の専門誌である。
プラモデルの自作の飛行機のジオラマなどが掲載されている。
ふだんは本屋で立ち読みで済ませている雑誌である。
何回かは買ったことがあるが、めったに買わない。
出版社には悪いけど、なんせ厚さのわりには高いのである。週刊誌より薄いのに1380円もするのである。(^^ゞ
だから自分の気に入った画像か記事のあるときしか買わない。
しかし今回は買った。
いつも楽しませてもらっているブログ『架空飛行機工場』のジュンチーさんの作品が掲載されるというので、どれどれと買ったのである。

画像


買ったからには、元を取るためにブログネタにさせてもらわねば!と記事にして公開することにした。




ジュンチーさんの作品は、ほとんどが自作のプラモデルである。他のモデラーの人たちがいかに本物に近づけるかに腐心しているのにジュンチーさんは、ちょっと違うのである。

ブログ名の通り、架空のこんなデザインの飛行機があったらいいな〜というアイデアからプラモデル飛行機を作られているのである。
画像



それが、実際に存在してそうなのがすごいのである。
飛びそうなのがすごいのである。
画像




実際に、ネバダ州のリノ・エアーレースで実際に飛んでいそうでありますな〜
画像




画像



エンジンや操縦席など、文字デカールなどもご自分で製作されている。
画像


カッチョイイーッ!!であります。




そして、買ったもうひとつの理由がこちらである。

『日本の水上機』特集である。
画像



トップの画像は『SA』の表紙の二式水上戦闘機であるが・・・・・・

ねこのひげは、特にこの大型の飛行艇が大好きなのである。

アニメ『未来少年コナン』に登場する巨大飛行兵器ギガントを思わせるその巨体ぶりが好きなのである。
画像



鈍重そうで、空を飛ぶ機械としては、これほど非効率な物体はないとおもうのだが・・・・・
好きなのである。
画像





アニメ映画『紅の豚』も、だから大好きなのである。監督の宮崎駿さんは、公開したことに後悔しているほど不満があるらしいが、ねこのひげは、複葉機や水上機が多数出てくるだけで『紅の豚』が好きでありますな。


ねこのひげは、あの時代の手作り感いっぱいの飛行機が好きであります。


これは、ねこのひげのコレクションのひとつドルニエDo Xという水上旅客機である。
画像

翼の上にエンジンを6個搭載し、プロペラが12個もある。機体が重すぎて浮き上がらないために、エンジンやプロペラを増やしたらこうなったらしい。
現在のように航空力学などというものがなかった時代に作られた飛行機である。

こんなむちゃくちゃな飛行機が好きなのです。

無駄があるほど面白い。だから蒸気機関車がブームなのもわかるのです。



海上自衛隊の飛行艇『US−1』

つべこべと非効率だとか無用の長物だとか言われながらも、35年間製造され、海難救助や離島の急患を運んだりに活躍した。
画像

高速長距離飛行の出来るヘリの登場により活躍の場が減ったが、現在、森林火災で活躍させられるのではないかと注目を集めている。

胴体にヘリをはるかに上回る消火剤を搭載できるからである。



単発の水上機もいくつか掲載されているが、なかでも注目なのが、この機体である。

『零式小型水上偵察機』

世界各国が実用化しようとして出来なかった潜水艦に搭載された世界で唯一の飛行機である。唯一日本だけが実用化に成功した潜水艦に乗せることが出来る飛行機である。
第二次世界大戦中にアメリカ本土を爆撃した日本軍機でもある。
画像

以前スピルバーグの映画『1941』で潜水艦がロスアンゼルスを砲撃するのを紹介したが、それ以降、なんどか、この飛行機でアメリカ本土を爆撃をして、アメリカ国民を日本軍がアメリカ本土に攻めてくるのではないかと恐怖に陥れた。

9月8日は、日本と世界各国の平和条約が、サンフランシスコで締結された日でありますが、その調印に参加したのが日米を含めて52カ国であります。

つまり日本は51カ国を相手に戦争をしたんでありますね。

その賛否は別にして1対51の喧嘩をしてのけたことは賞賛にあたいする。負けはしたが、日本が世界から一目置かれる存在になった一因でもある。



雑誌『SA』に掲載の画像は、空を飛んでいるように見えますが、全部プラモデルであります。


製作者の方々の努力に頭がさがります。



雑誌『SA』は隔月雑誌であるが、次の号にも『架空飛行機工場』のジュンチーさんの作品が載るそうである。


ぜひ、みなさん観てあげてください。




次号の11月号の発売は10月13日(木)だそうである。




できるなら購入してあげてね。





よろしくお願いします。








                               





ーーーーーーーーーーーーーーーーーー
参考文献&プラモデル





SCALE AVIATION (スケールアヴィエーション) 2011年 09月号 [雑誌]
大日本絵画
2011-08-12

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by SCALE AVIATION (スケールアヴィエーション) 2011年 09月号 [雑誌] の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル



紅の豚 サボイアS.21F 後期型 (1/72スケール塗装済半完成キット)
ファインモールド
2008-09-15

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 紅の豚 サボイアS.21F 後期型 (1/72スケール塗装済半完成キット) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル








テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 16
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(10件)

内 容 ニックネーム/日時

水上機にはいささかご縁があります。父の友人に元・零式水上偵察機の搭乗員の方がおりました。
帝国海軍で 一番給料が高かった少尉だと、威張っておりましたね。何しろ、飛行機乗りにして潜水艦乗り、危険手当が二重ですからね。

海自の大型飛行艇、こちらは実験パイロットの森光中佐(二佐)と、退役されてから一緒に仕事をしたことがあります。

高波の上に降りる実験は本当にストレスで、後ろに乗ってる部下の不安げな視線が背中に突き刺さり、つくづく戦闘機乗りになっとけば良かった、後悔したと仰せでしたね。
自分の命で済めばまだしも、人の命を預かるのは本当にエラいことですよ。
病気で亡くなられましたが、あんな立派な人、今まで会ったことありません。

立派でない方の右代表ですが、対日宣戦した51ケ国の中にイタリアも入ってたの、ご存知でしたか?

三国同盟から早々と脱落したのは余りに有名な話ですが、連合国に降伏した後シカトして、日本に宣戦布告しているのですな。

実害はありませんが、ま、すれっからしのイタリアらしいです。ここまでくると、もう、爽やかなものですよ。
レッドバロン
2011/09/11 05:06
☆ レッドバロンさんへ
2人もお付き合いがあったというのはすごいですね。
水上機というのは、陸上の滑走路がない時代には便利だったようですが、空港が整備されだすと消えていきましたね。
なにせ波が少しでも荒いと着水できなかったそうで、それでも海自のUS−1は、1メートル程度の波なら着水できたそうですけどね。
ねこのひげは、水の上に飛行機が降りれるというのにロマンを感じますですね。(^^♪

イタリアも宣戦布告していたとはしりませんでした。(^^ゞ
検索してみました。
ムッソリニーが失脚したあとに連合軍に鞍替えして参戦したけど、ドイツが敗戦したあと、崩壊したようですね。その後に、現在のイタリア共和国が設立したんですね。
まあ、宣戦布告した国でじっさいに実戦に参加したのは、5,6カ国程度でしょうけどね。
とりあえず、宣戦布告しておけば、なんらかのおこぼれにありつけると思ったんでしょうね。(~_~;)
ねこのひげ
2011/09/11 07:06
「紅の豚」は女性や子供には
受けなかった作品だと思います。
私もどうも好きになれません。
男性は何時までも少年の心を
持ち続けているんでしょうね。
ギガント!
確かにそう見えますねぇ。
「未来少年コナン」は
宮崎作品の中でも1番好きで、
DVD全部持っます。
コナン達がギガントを落とす回、
ほぼ台詞言える位見ましたよwww
ミヤニャン
2011/09/11 07:36

帝国海軍の時代は、 巡洋艦以上の大型艦は甲板後部にカタパルトを備え、水上機を発着させてました。弾着の観測と偵察用ですね。今はレーダーとへりが発達して、無用に。


父は子供の頃、軍港の町に住んでいましたので、平和な時代の海軍さんが市民サービス?で、下駄履の水上機が群をなして乱舞し、模擬空中戦を演じるのを見たと言います。大変な技量だったそうで、連合艦隊の全盛時代ですね。


零式水偵の少尉さん、戦後は港のパイロット(水先案内人)なさってました。

SU-1は もっと高い波でも降りるミッションをやってたようですが、そこは軍事機密ということで。

珊瑚礁のあるようなコバルト・ブルーの海にフロート機が滑り降りるのは確かに美しそうです。


流体力学ほとんど無視の、 前時代の汽船や鉄道や飛行機の方に心が惹き付けられるのは何故でしょう?物理法則に逆らうのが、一番の贅沢だからかも。
レッドバロン
2011/09/11 16:24
水上飛行機(対潜哨戒機)はモロ船に翼とプロペラ付けたようなデザインで、どんな事に使うのか一目瞭然ですね。
海外の機体は、あちこちに機銃を搭載したものもあって、まさにガンシップと言えます。
ひるま
2011/09/11 22:52
☆ ミヤニャンさんへ
たぶん、そうでしょうね。女性でも空にあこがれて女性パイロットの第1号になられた方もいますけどね。

ミヤニャンさんもお持ちですか!
ねこのひげも持ってます。
おもしろいですよね(^^♪
ねこのひげ
2011/09/12 04:02
☆ レッドバロンさんへ
戦争は、悲惨で多くの悲しみを生み出しますけど、こういうドン臭いともいえる機械にはなぜか憧れます。

下駄履きの飛行機が乱舞するのをみてみたかったですね。

1メートルというのはあくまで安全に着水できる高さで、非常事態のときは転覆覚悟で降りざるを得なかったときもあるでしょうね。

ちなみにねこのひげのオヤジは海軍の予科練で、回天で特攻直前に終戦になったので生き延びたのだそうです。
ねこのひげ
2011/09/12 04:11
☆ ひるまさんへ
形状からしてスピードがでないのは一目瞭然で、ハリネズミのように機銃を備えるしかなかったのでしょう。
ねこのひげは、あのモコモコしたスタイルが好きなんです。
最近のステルス戦闘機のようにナイフが飛んでるような形状は面白味がないです。
ねこのひげ
2011/09/12 04:16
ありがとうございます!!
こんなに記事にしていただいていたとは、嬉しいです。
次号のプラモデルを編集部に持っていったり、記事を考えたりと落ち着かない一週間だったので、、というか、まだ落ち着かない状況ではありますが、
今、気づきました。遅い書き込みで恐縮です。

日本水上機特集もいいですよね。
飛行艇もいいですねぇぇ。。
紅の豚に宮崎駿さんが不満があったとは知りませんでした。
僕は紅の豚が好きでして何度見た事か・・・

ねこのひげさん、本当に飛行機好きなんですね。
今後とも、よろしくお願いいたします。
ジュンチー
2011/09/17 11:55
☆ ジュンチーさんへ
どういたしまして。次号も買わさせていただきます。(^^♪ジンチーさん以外の記事もおもしろいといいのですがね。

飛行機はいいですね。特に古色蒼然とした水上機や手作り感覚のプロペラ機にはのんびりとしたロマンを感じます。
ねこのひげ
2011/09/17 18:48

コメントする help

ニックネーム
本 文
雑誌『SA』9月号を買った。 ねこのひげ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる