ねこのひげ

アクセスカウンタ

zoom RSS 映画『スーパーマン』対映画『スーパーマンリターンズ』

<<   作成日時 : 2011/06/25 04:44   >>

ナイス ブログ気持玉 6 / トラックバック 0 / コメント 8

空を飛ぶのが人間の夢だとよく言われますが、いまだに自力で飛ぶことができませんね。
飛行機や、ロケットやヘリのような騒々しい機械によるのではなく、なにもなしでファと飛んでみたいですよね。
超能力で飛ぶ『Xメン』というのもありますが・・・・
その人間の夢の最高峰を漫画で描いたのが『スーパーマン』で、なんども映画化されていますが・・・・・
なんといっても、最高のスーパーマンはクリストファー・リーヴの演じた『スーパーマン』が最高でしょうね。
監督は5月13日に書いた『16ブロック』のリチャード・ドナー監督です。ハードボイルドからSFまで。ベテランはなんでもこなしますね。
画像




正直、ストーリーなんかどうでもいい作品です。でもストーリーもよかったですけどね。

ただ空を飛んでいる。

それだけでいいんですよ。



画像





レックス・ルーサーとの戦いもどうでもいいんです。

ただ、飛んでいる。本当に飛んでいるように見える。それがよかったですね。




画像




それまでのスーパーマンというのは、どうみても・・・・中年のおっさんか貧弱な兄ちゃんでしたからね。




画像




筋肉隆々で純朴でスマートでちょっとマヌケで、栗色の巻き毛とブルーアイズ。典型的なアメリカ男性の理想の姿でした。




画像





べつだん、あんなスーパーマンのような力や不死身の身体はいらないから、赤いマントもいらないから、空を飛べる力だけは欲しいですね。




画像




ゆったりと雲の上を飛んでみたいですね。


2作目はまだよかったですけどね。ご多分に漏れず・・・3作目となると作りが雑になっていきましたね。











クリストファー・リーブは亡くなって残念ですが、この『スーパーマン』の後に出演したSF映画『ある日どこかで』(1981年日本公開)も良かったですけどね。


パーティーで、なぞの老婦人から「もどってきて」と声をかけられたことから主人公が色々と調査をしていくと、いるはずのない時代に自分がいることに気がつき・・・・・かたわらに美しい女性が・・・・・その女性に惹かれる主人公・・・・

その時代にもどろうとする主人公。

もどるには・・・・・


殺人事件もはでなアクションもないため、公開当時は注目を集めませんでしたが、リーヴが亡くなったこともあり、カルト的な注目を集めるようになりました。

この作品は、ハリウッド的ではなくニューヨークかイギリス的雰囲気の映画でした。

文学的SF映画です。


日本人好みというか映画通好みの映画でしょう。

エンタティーメントを求める人には向かないかな。

DVDなんかで1人でじっくり鑑賞するのに向いている映画でしょう。










”愛は時を越える”なんてね。






そして2006年の『スーパーマンリタンーズ』

は残念ながらヒットしなかったようですね。

リターンにしろレガシーにしろ、そのままではダメなんでしょうね。






俳優ブランドン・ラウスもスーパーマン的でよかったし、CGも向上してよりリアルになってましたけどね。


それだけでは足りないんですよね。


なにか、もうひとついるんでしょうね。




で、シリーズ化して2作目が作られる予定が立ち消えにされた上に、この映画そのものがなかったことにされて、あらたなスーパーマンが作られることに・・・・


それが2012年12月公開の『MAN OF STEEL 《マン・オブ・スティール》』(原題)。

ラッセル・クロウがスーパーマンの父親役で出演するというので話題だそうです。



どうなんでしょうね。おかしなところが色々あるんだけど・・・・・・



アメリカ人はよほどスーパーマンが好きなんだな。



















                                  




ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

6月23日

『刑事コロンボ』のビーター・フォークさんがロスアンゼルスの自宅でなくなったそうだ。

83歳。


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
















                                     






ーーーーーーーーーーーーーーーー

参考DVD








ある日どこかで [DVD]
ユニバーサル・ピクチャーズ・ジャパン
2003-11-28

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ある日どこかで [DVD] の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル



スーパーマン ディレクターズカット版 [Blu-ray]
ワーナー・ホーム・ビデオ
2010-04-21

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by スーパーマン ディレクターズカット版 [Blu-ray] の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル



スーパーマン リターンズ [Blu-ray]
ワーナー・ホーム・ビデオ
2010-04-21

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by スーパーマン リターンズ [Blu-ray] の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル



スーパーマン モーション・ピクチャー・アンソロジー (初回限定生産) [Blu-ray]
ワーナー・ホーム・ビデオ
2011-08-24

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by スーパーマン モーション・ピクチャー・アンソロジー (初回限定生産) [Blu-ray] の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 6
ナイス ナイス ナイス ナイス
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(8件)

内 容 ニックネーム/日時
クリストファー・リーヴのスーパーマン、よかったですよねえ。
最初にこれ観たとき、そのまんなアメコミから抜け出てきたような印象でした。
その印象が植えつけられちゃってますよね。
次の俳優は気の毒だったのかもしれませんね。
今年公開の方が、期待大です!
新しいスーパーマンになってほしいですねえ。
いつの時代も、人はこういうヒーロー求めるんでしょうね。
「ある日どこかで」知らなかったですが、名作のようですね。
こういう役もやっていたのか・・っていう印象でクリストファー・リーヴもまたスーパーマン以降、これから抜けるの大変だったでしょうね。
車椅子に乗っても戦うイメージでしたから。
タフィー104
2011/06/25 16:01
☆ タフィー104さんへ
クリストファー・リーヴのスーパーマンを越えるスーパーマンを生み出すのは難しいでしょうね。
クリストファー・リーヴも苦悩したようで、『ある日どこかで』もクリストファー・リーヴでなければ、もうすこしなんとかなったかもしれません。
でもすばらしい作品です。
ツタヤあたりで見つけたら借りてみてください。
いい作品です。
ねこのひげ
2011/06/25 18:29
クリストファー・リーヴ、車椅子生活になってたんですね。役柄では空を飛んで何でもできたのに・・・皮肉なものですね。
でも、体が不自由になってからも希望を失うことなく、頑張っておられたとか。すごいですよね。

空を飛んだことは、今までに数回あります♪
夢の中でですけどね(^^ゞ
「あ、そうだ、忘れてた。私って空を飛べるんだった」って感じで(笑)
でもここ数カ月はそんな夢を見てないです。すごく自由な気持ちになれるんですけどね(*^_^*)
キーブー
2011/06/26 20:51
懐かしい作品ですね。
リターンズは、話そのものよりも、CGでハリキリ過ぎた上に、格闘技に力を入れ過ぎた感満載でした。
普通の人が超能力を持って闘っていたのがスーパーマンな気がします。
格闘家じゃなくてもいいんだよ。
ひるま
2011/06/26 23:30
☆ キーブーさんへ
『スーパーマンの呪い』というのがあるそうです。スーパーマン役をやった俳優は不幸になるという伝説ですけどね。
自殺したり怪我をしたりするそうです。
クリストファー・リーブは馬から落ちて車椅子生活になりましたが、ヒチコックの『裏窓』を自らプロデュースして出演したりしてます。

夢の中でも空を飛ぶのは気持ちいいですね。ねこのひげはなぜか電車に乗っている夢をよく見ます。
なんのトラウマか?(~_~;)
ねこのひげ
2011/06/27 04:39
☆ ひるまさんへ
スーパーマンは超人ですからね。ひょうひょうといとも簡単にこなすところがいいんですよね。(^^♪
ねこのひげ
2011/06/27 04:43
先日、初代?スーパーマンだった俳優の謎の死をめぐる映画を観たところです。
「ハリウッドランド」だったかな? 何となく物悲しかったです・・・
クリストファーリーブさんも残念でしたよね。
やはりスーパーマン役者はジンクスがあるんでしょうか。
ピーター・フォークさんも亡くなりましたね。晩年はアルツハイマーだったとか・・・ご冥福をお祈りしたいです。
おばちゃん
2011/06/27 10:29
☆ おばちゃんさんへ
スーパーマンだけでなく、こういったなんとかの呪いというような話は多いですね。

以前、ピーター・フォークさんが、ビバリーヒルズを徘徊しているところを警察官に保護されたというニュースがあったので、アルツハイマーというのを知りました。
自分が誰かもわからなかったそうで・・・・
ねこのひげは、先日スティーヴン・ポチコという「刑事コロンボ」の脚本を書いていた人の小説を読んだばかりで、ちょっとびっくり。

ねこのひげ
2011/06/27 12:48

コメントする help

ニックネーム
本 文
映画『スーパーマン』対映画『スーパーマンリターンズ』 ねこのひげ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる