ねこのひげ

アクセスカウンタ

zoom RSS 小説『封印された系譜』と映画『追想』

<<   作成日時 : 2011/06/07 04:39   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 11 / トラックバック 0 / コメント 12

画像

ロバート・ゴダードの小説『封印された系譜』は4月に買った本で、最初は、またアナスタシアか・・・・やめとこうと思ったのですが・・・・立ち読みしてみたらなかなか面白そうなので購入した。
イギリスの外務省に勤める職員リチャードが、出勤途中に元妻に呼び止められたことから、歴史の裏に封印された事件に巻き込まれていくミステリー冒険小説である。

画像


リチャードの少年時代からの旧友で脳腫瘍を患っているマーティーの頼みで古いアタッシュケースを受け取りに行ったことから、外務省を1週間休むことになり、ベルギー、ドイツ、デンマーク、スウェーデン、フィンランドと北ヨーロッパを、列車で旅していくことになる。

ロードムービー小説でもある。

旧友マーティーは、生まれながらのペテン師で、いいかげんで誠実さのかけらもない男である。でもリチャードの親友でもあった。マーティーが刑務所にはいたとき、保釈金を用立ててやった。しかし、マーティーは海外に逃亡してしまう。
リチャードはなんども裏切られている。この事件でも、裏切られ続け、さらに会う奴会う奴が次々とリチャードを裏切っていく。

だが、欲に目がくらんだ奴らは次々に死んでいく。大学生、悪徳弁護士、新聞記者・・・・

すべては、その古いアタッシュケースに秘められたマーティーの亡くなった祖父クレムに宛てられたデンマーク語で書かれた古い手紙が大金を生み出すと信じられたためである。

その古い手紙は、デンマークの巨大企業のミョネルと深い関わりがあり、帝政ロシアのロマノフ王朝とアナスタシアとも深い関わりがあることがわかる。

マーティーの祖父クレムはイギリス南部の避暑地”ワイト島”の一警官であった。その祖父がなぜデンマークの巨大企業と関わりがあるのか?



祖父クレムからマーティーやリチャードが子供の頃聞かされていた”ホラ話”が真実身を帯びてくる。

カウズで行われるレガッタレースの見物に来ていたロシア皇帝ニコライ二世の娘2人を暴漢から救った話や、そのときアナスタシアにも会った話などが真実であることがわかり・・・・・

そして・・・・・・・事件はロシア土産のマトリューシカように内側に秘めた謎を次々と明かしていくのである。

アナスタシアと巨大企業の関係は・・・・・

巨大企業のオーナーの正体とは・・・・・・・・・・・・・



アナスタシアとは、帝政ロシアのニコライ二世皇帝の四女で、ロシア革命のとき、レーニンにより一家ともども銃殺されたと言われていた。

しかし、生き残っているのではないかといううわさがとうじから根強く残り、ロシア革命後、アナスタシアと名乗る女性が次々と現れた。

主な人物でも20人はいた。すべてニセモノだったが。

これは、ヨーロッパ各国の銀行に残されたロマノフ王朝の日本円にして数百億円にも上るといわれる巨額な遺産のためである。

もし、本当のアナスタシアとみとめられれば、その巨額な遺産を受け取ることが出来る。


イングランド銀行には数百万ポンドの預金があると言われ、スイス銀行には数トンにも上る金塊が預けられていると言われていた。


すべては闇ですが・・・・




そして、アナスタシアを自称した女性の中で、もっとも有名な女性が”アンナ・アンダーソン”である。

アンナ・アンダーソンもアナスタシアを名乗り、イギリスやドイツ、スイス銀行に眠るロマノフ王朝の遺産の返還を求めて裁判を起こしたが、いずれも敗訴し却下され、アメリカにわたり、彼女をアナスタシアと信じる人々の援助を受けて生活していたが1984年に亡くなった。

この裁判の結果は当時の日本の新聞でも報道され、その死亡も報道された。


のちに、1994年、ロシア国内でニコライ二世一家の白骨遺体が見つかり、DNA鑑定によりアンナ・アンダーソンが、アナスタシアとは別人であると証明された後も、アンナ・アンダーソンがアナスタシアであるという説は根強く残った。

当時のDNA鑑定がいまよりはるかに不確実なのは日本の裁判でも、DNA鑑定がありながら有罪が後に無罪になるケースで証明されているが、アンナ・アンダーソンの場合も、ニセモノであるという証拠に不確実なことが多いので疑われているのである。

信じたい人にとっては、どんなに確定的な証拠でも、うそに思えるだろうけどね。


さらにアンナ・アンダーソンが、アナスタシアの写真と似ていたことと、彼女が役者志望で他人を説得する能力に長けていたため、大勢の人が彼女をアナスタシアと信じ続け、終いにはアンナ自身も自分をアナスタシア本人であると信じるようになったのではないかとも言われている。


これは詐欺師に見られる特有の症状で、精神科医によると、詐欺は虚言癖とおなじように精神病の一種であるそうだ。

自分がついた嘘をついた本人が信じるようになる。その矛盾を追及されると、数分前に言ったことでも、言ってないと言い出すなどの病状がある。

日本の政治家官僚にも大勢いますね。特に宇宙人と呼ばれている方はこれでしょうね。(笑

政治家をやめると言っておいてやめなかったり・・・人のことを攻められる立場か!

ペテン師が人をペテン師呼ばわりするな。

彼の金目当てに集まる連中にとっては好都合でしょうが。


で、その謎の部分を追ってこのような小説が生まれたのである。


小説中に出てくるニコライ二世やアナスタシアに関る事件はほぼ事実だそうである。



そして、アナスタシアの映画といえば、映画『追想』でしょう。原題はアナスタシア(Anastasia)です。

1957年日本公開で、アナスタシアの数奇な運命を描いてイングリット・バーグマンがアカデミー賞主演女優賞に輝いた映画である。

アナスタシア役のイングリット・バーグマンの美しかったこと。ロシアの元軍人ボーニン役のユル・ブリンナーのかっこよかったこと。昨今のアカデミー賞のように胡散臭くないのがよろしい。

アナスタシアは、ニセモノであると言われ続けるが、最後にあることがきっかけで本物のアナスタシアと皇太后に認められる。・・・・・が、アナスタシアはボーニンとの恋を取り、人々の前から去っていく。

そしてニコライ二世の母親マリア皇太后役のヘレン・ヘイズのかっこよかったこと。マリア皇太后は、幽閉先から救出され故国デンマークに亡命した。


アナスタシアを披露するために設けられていた舞踏会のセレモニー会場に出て行って


「さあ、宴は終わりました。幕を下ろすのです。」と言ったときの毅然とした態度は、まさにロマノフ王朝の王太后を彷彿とさせた。


もちろん、子供の頃テレビで観て、のちにDVDで観たんですけどね。


よかったです。



1975年にロミー・シュナイダーとフィリップ・ノワレの同名の映画『追想』がありますが、そちらはナチスに家族を射殺された男の復讐劇です。

『冒険者たち』のロベール・アンリコの監督作品でフランスのアカデミー賞といえるセザール賞を受賞してます。

こちらもおすすめです。


そうそう最近アニメにもなりましたね。

2007年作の『アナスタシア』

これはイングリット・バーグマンの『追想』のアニメ・リメークで、アナスタシアの声をメグ・ライアンが演じてました。



いまだに、アナスタシアは多くの関心を呼んでいるということですね。



人間は謎めいた話が大好きですからね。






                                    


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

資料DVD





追想 [DVD]
20世紀フォックス・ホーム・エンターテイメント・ジャパン
2006-08-18

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 追想 [DVD] の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル



アナスタシア (ベストヒット・セレクション) [DVD]
20世紀フォックス・ホーム・エンターテイメント・ジャパン
2007-10-24

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by アナスタシア (ベストヒット・セレクション) [DVD] の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 11
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス ナイス ナイス ナイス
面白い

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(12件)

内 容 ニックネーム/日時
今日も為になりました。
へ〜です。
あまりに自分が無知なんで。
アナスタシア=ディズニーのイメージしか無かったですね。
ひとつの事でいろいろ奥が広がりますね!
アナスタシアはもう伝説のような話ですね。
つい100年前なんですね。
タフィー104
2011/06/08 06:55
☆ タフィー104さんへ
ニコライ二世は、日露戦争のときのロシア皇帝です。それ以前に、皇太子のとき来日してますが、暴漢に襲われて怪我をしました。
そのときに着ていたシャツについていた血痕がニコライ二世一家の遺体が発見されたとき、DNA鑑定のため提供されました。
ただし古すぎて血液型までしかわからなかったそうです。


ねこのひげ
2011/06/08 08:40
さぶちゃんご指定の場所でしょうか。
決まってますねえ。
moumou.h53
2011/06/09 06:51
☆ moumou.h53さんへ
この椅子は、近所の人が杉の木を切り倒して作ったんですけどね。このあたりでよく遊んでます。虫を追いかけたり、柿の木に登ったり・・・
人がいると安心するようです。
ねこのひげ
2011/06/09 07:23
海外モノの小説、どうでもいい人にまで名前があって、目次の登場人物欄で確認しながら読むこと多々です。
ロシア系の名前だと、ちょっと響きが違っていて、私的には覚えにくいかも。
ひるま
2011/06/09 23:59
☆ ひるまさんへ
デンマークやスウェーデンなどの北欧の名前はもっとなじみがないので覚えにくいです。
でも、あちらからすると日本人の名前は発音しにくいようです。
ねこのひげの本名の苗字は英語の発音にはないそうで読んでもらえません。(^^ゞ
ねこのひげ
2011/06/10 04:10

「アナスタシア」
雪の女王のような宝冠を付け、ロープデコルテ姿のバーグマンが、帝政ロシアの国歌を演奏する中階段を降りてくるところ…鳥肌が立ちましたよ。
観客は彼女が詐欺師の片棒担いでいるの、知っているのですが、やはり本物なんじゃないかとどっか疑う気持ちが…?普通と逆なのですよね。それほどバーグマンは堂々としていて、気品があり、しかも押しつけがましさがない。どこか北の国の王女にしか見えませんもの。

ユル・ブリンナーの立ち振る舞い、ヘレン・ヘイズの貫禄、あれが堂々たる支配階級というもので。

今の大河ドラマの対極を考えていたら、あの時のアナスタシアに落ち着きました。あの映画を見たお陰で、私など今だにロマノフ王朝の復辟を夢見ているぐらいです。それほど、結構なものを見せて頂きました。
レッドバロン
2011/09/07 05:20
☆ レッドバロンさんへ
本物だと感じさせる気品と美しさが、イングリット・バーグマンにはありましたね。バーグマンがスウェーデン出身ということもあるでしょうけど、圧倒されましたね。

今の大河ドラマは、あまりに無残で・・・全員が大根役者に見えるのがかわいそうです。
上野樹里さんは、好きなんですけどね・・・(~_~;)
ねこのひげ
2011/09/07 06:49

早速お返事ありがとうございました。イングリッド・バーグマン、北欧風の憂いのある美貌で、あの役にぴったりでしたね。
ラストは、恋の方が真実になってハッピーエンド、良かったのですけど、でも、ひょっとしたら彼女は本物なんじゃ?(まだ「疑って」いるのですよ)

上野樹里ちゃん、とても面白い役が出来る女優さんで 私も注目してましたけど、今のアレではにゃあ…。こほん、コメントを控えさせて頂きます。
レッドバロン
2011/09/07 16:47
☆ レッドバロンさんへ
謎は謎を持たせたまま終わるのがよろしいかと(・・?

上野樹里さんは、あのとぼけた味がよろしいかと・・CMのドーベルマン9匹ください・・・・じゃ、ライオンおいてあります?(~o~)
ねこのひげ
2011/09/08 04:14
はじめまして。

アンナがフランツィスカかどうかも本当はわかっていないらしいですよ。
出版されている本などではなく、公文書を読んだ人によると、アンナが川に
飛び込んだ日付より後にフランツィスカが行方不明になっているんだそうです。

また、DNA検査を管理したのが、アンナがアナスタシアではあってほしくない
側の人間だったと言うのもあるらしいですし。
イギリスが公式発表を断固として拒否していると言う部分もなんだか……では
あります。(ケネディ暗殺の資料と同様に都合が悪いのかな、と)

あと、皇帝の国外預金は革命前後にすべて引き出されて、ロシアに戻されて
いて(当時の貴族が皆、倣って同じようにしているとか)ほとんどなかった
そうですよ。

まぁ、嘘もホントも織り交ぜてこその歴史の謎なので。
これからも、いろんな説、真相と言う名の新説がどんどん出てくるのでしょうね。

個人的には、どうせならおとぎ話が少しくらいホントかも知れないって思って
いたいですね。
さら
2011/11/09 17:04
 ☆ さらさんへ
コメントありがとうございます。

夢やロマンやおとぎ話があったほうが面白いですからね。
すべてが解き明かされると消えてしまいますから・・・・
ねこのひげ
2011/11/10 06:15

コメントする help

ニックネーム
本 文
小説『封印された系譜』と映画『追想』 ねこのひげ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる