ねこのひげ

アクセスカウンタ

zoom RSS 東日本巨大地震ー帰らざるもの帰り来るもの

<<   作成日時 : 2011/03/30 03:36   >>

驚いた ブログ気持玉 18 / トラックバック 0 / コメント 6

画像

東日本巨大地震があった後、津波の被害があったというので、しばらくは九十九里海岸に行くのを控えていたのですが・・・。
地元の消防団が、消防団の維持費を受け取りに来るのが3月25日なのが取りに来ないので、地震の被害の後片付けで忙しいのだろうと思っていたら、27日に受け取りに来ました。
聞くと、やはり海岸に津波が押し寄せて大量の物が流されてきて海岸を覆いつくしたため、その撤去作業に駆り出されていたそうです。

「砂浜にプレハブ小屋が埋まっていたりして・・・・・・」

なんとか片づけが終わったそうで・・・・「すいません。遅くなりまして・・・・」「いえいえ・・・・」

ところが、その後、彼は故郷に両親を捜しに戻っていたと言いました。・・・・・故郷って?


南相馬市。


「ええっ!!」と言う声が思わず漏れました。

ビックリしますよね。

千葉の会社に就職して結婚して、千葉のこの地区にある嫁さんの実家で、嫁さんの親と同居しているのだそうです。

婿さんですね。

会社に休みを貰って、南相馬市に両親を捜しに帰ってきたそうです。


幸い両親は無事だったそうですが、実家は跡形もなく、町全体が瓦礫の山だったそうで、旭市から九十九里海岸にかけても大変だったけど、それの何十倍も何百倍もひどいことになっていて声が出なかったそうです。

テレビで観て、ある程度覚悟はしていたそうですが、実際に見たらあ然としたそうです。

親族も何人か亡くなっており、親族の最後の1人が行方不明になっているのを捜していたら、別の市の病院に搬送されているとのことで、無事を確認してから、千葉に戻ってきたそうです。


「・・・・・・それで遅れまして・・・・すいません」


「いやいやとんでもない!」


死者約1万人以上   行方不明者約1万3千人以上   被災者約28万人・・・・・・


たかが2,3日遅れたぐらいで文句は言えません。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


で、次の日、市役所に行くついでに観に行ってきました。

最初は、ご覧のとおり。ふだんと変わらないきれいな砂浜が続いていました。

画像


彼ら消防団が片付けたんだな・・・駐車場が砂をかぶっている程度だな・・・・・と思っていたら・・・・

ところが、駐車場の端のほうを見ると、瓦礫が積み上げてあるのが見えました。



行ってみると、あ然です。

ゴミの山というか・・・・・

画像


冷蔵庫やテレビ・・・・ありとあらゆる家の残骸が積み重なってます。



画像



画像



画像


何軒分の残骸なんですかね。このあたりもけっこう被害があったようです。


駐車場のそばの花壇も見るも無残・・・・・・・

画像




駐車場から砂浜に出る出入り口に、シンボルのように植えてある椰子の木は無事だったんだな・・・・

画像



と思いながらよく見ると、妙に下のほうがシロっぽい?


乾いた塩です。根元から幹の途中まで白い塩の跡が付いてます。

画像


つまり矢印の付近まで津波の高さがあったということです。

ねこのひげは、身長175センチぐらいですが、写真のアングルを見てもらえるとわかりますが、見上げるように写してます。

つまり、ねこのひげの頭上はるか、2メートル以上の津波が、九十九里浜に押し寄せて来たということになります。

わが市発行の”津波ハザードマップ”を見ると、この浜は4メートルの津波が来ることを想定されて防災されているようで、おかげで今回は大きな被害もなかったようです。


でも、もし、3月11日に、この浜にいたら、ねこのひげは、このブログの記事を書いてなかったでしょうね。

3月1日のブログ記事みたいに、『大人の科学』のテオ・ヤンセンさんのミニビーストを持って遊びに来ていたら、一貫の終りでしたかもね。

じっさい、この海岸で津波のために1人亡くなってます。



光景はいつもと変わらないんですけどね。

画像





でも・・・・・足元には・・・・・

画像



画像


津波に押し流されて取り残されたんですね。

かなり大きいですが、海の生物である彼らでもどうしようもなかったんですね。


画像


彼らの生きていた場所は、彼らにとってははるか彼方です。






その海、沖合いを見ると、イワシ漁の漁船が出てます。

画像




九十九里浜は、イワシ漁の宝庫なのです。

画像




画像



ふたたび生活の営みが始まってます。




帰ってニュースを見ると、銚子漁港の漁師さんたちもかなりの被害を受けたけど、「いつまでも落ち込んでいるわけにはいかんべ!」と動き出すことにしたそうです。

東の福島沖に向かうわけにはいかないけど、とりあえず西に下って九十九里浜沖ならよかろうと漁を始めたそうです。

水揚げした魚も、放射能の検査をしてもらったら、なにも出なかったそうで、安全だそうです。



家に帰ると、庭のチューリップも蕾を出していました。

画像



春も戻ってきました。


また、ゆっくりと一歩一歩歩いていきましょう。






                                



ねこのひげは、先々週ぐらいから、町内会の総会が4月はじめにあるので準備でドタバタしてます。

役員の改選で、「お前は頼りにならんからクビ!」とでも言ってくれると正直助かるんですがね。(^^ゞ

地震のおかげで仕事も予定が狂ってアタフタ・・・・(>_<)


画像


地震と原発の影響で、千葉産のイチゴが安くなっており、おいしくいただきました。今年は一段と粒が大きいです。
この大きさだとふだんは1パック600円ぐらいですが398円でした。

観光客がこないので地元に安く卸さざるをえないそうです。とんだ地震の恩恵です。


夕食は茨城産のほうれん草のソテーをいただきました。(^^ゞ

一把ぐらいではなんの影響もありません。1年で10トン食べれば影響がでるそうですけどね。(~_~;)

そんなに食ったら放射能がなくても死にます。


もっと落ち着いたら九十九里町の片貝魚港にイワシのフルコースでも食べに行ってきますかね。


花見も行きたいけど、水戸の偕楽園は、梅や桜の花が開いても、とうぶんの間、閉鎖だそうです。



                             

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 18
驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)
ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(6件)

内 容 ニックネーム/日時
ねこのひげさん、この記事ありがとうございます。
報道はされてないけど、被害を受けた場所はたくさんありますよね。
関東は自粛ムードが全盛なのでしょうか?
こちらは・・もともと寂しい感じなのであまり変化は感じませんが、それでもスーパーの棚から水やお米、インスタント食品がないのを見ると、入荷しないのか買い占められてるのか(親戚に送る人も多いみたいです)ガラ〜ンとしてます。
くろねこ・ぷぅ
2011/03/30 09:34
☆ くろねこ・ぷぅさんへ
どうしても大きな被害のほうに集中しますけどね。
あまり萎縮するのも・・・・
納豆は製造できるようになったそうですが、包装紙を作る会社が被害にあって包装紙が間に合わないそうです。ヨーグルトは、計画停電のため、製造を中止する時間があるので遅れているとか・・・
ねこのひげのところにも、地方の友人から「足りない物があれば送るぞ?」と言ってきましたが、「足りているから大丈夫だ」と断りました。
ねこのひげ
2011/03/31 04:52
九十九里浜でもそんな大津波が来てたんですね
ニュースで、東北の田んぼの中にイルカが取り残されてた、って言ってましたが、ここでも大きな魚がうまく引き潮に乗れなくて取り残されたんですね(~_~;)
千葉県産の農産物も風評被害ですか。。。
こんな大粒のいちごが・・・もったいないことです(>_<)
キーブー
2011/04/01 16:20
☆ キーブーさんへ
最初は気が付きませんでしたが、白い物が付いているな?と思っていたら塩でビックリ。
このあたりはいちご街道とか呼ばれていて正月から3,4月まで観光いちご園に並ぶ車で賑わうんですけどね。
自粛ムードで閑古鳥状態だそうです。
いちごも熟したのを摘んでやらないと、つぎの実が育たないのだそうです。
なんだか申し訳ない感じですが、甘くて美味しくて安いいちごを今年は堪能させてもらってます。
花見も自粛しないで、楽しむことが助けることになるような気もしますけどね。
ねこのひげ
2011/04/01 18:49
写真を見てビックリしました。
震源地から離れていそうな場所でもこんなに被害が・・・
ここにいたら被害にあっていたかも、などと考えたりすると
人生ってはかない、もろい物なんだなという思いに胸が痛くなります。
おばちゃん
2011/04/03 06:10
☆おばちゃんさんへ
ビックリしました。
パームツリーの上、2メートル以上のところに塩のあとがあるんですからね。
もう10日遅く遊びに来てたら・・・
と思うと、しばらくたたずんでしまいました。
仙台出身のお笑い芸人の『サンドイッチマン』は、あのとき気仙沼で仕事をしていて、地震の後「津波が来ますから逃げてください」の放送があったけど、「そばの土産物屋の2階にでも上がってれば大丈夫じゃない?」と言ったんだけど、スタッフが「いや、山まで行きましょう」と言ったので近くの100メートルある山の上に上がって見ていたら、、自分達の立っていたところが津波に飲まれ、土産物屋も消えていくのを見たそうです。
あのまま、土産物屋にいたら・・・サンドイッチマンの2人は・・・・
運命というのはわずかな差ですね。
ねこのひげ
2011/04/03 07:47

コメントする help

ニックネーム
本 文
東日本巨大地震ー帰らざるもの帰り来るもの ねこのひげ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる