ねこのひげ

アクセスカウンタ

zoom RSS NEX−5のISO(感度)12800を試してみました

<<   作成日時 : 2010/12/06 05:04   >>

ナイス ブログ気持玉 7 / トラックバック 0 / コメント 6

リリィの朝の散歩のときに、NEX−5の感度12800でどんな写真が写せるのかを試してみました。
オートだと1600までのようです。
後の機能はオートのままです。
団地内の街灯。
午前6時まえです。12月だと真っ暗で、星が瞬いてます。
画像



団地から出て、坂道を下り、表通りに出ると夜明け前の空に冴え冴えとした三日月が見えました。

写してみました。

朝日の出る前の、空というか光景が好きです。

なんともいえない神秘的な美しさと清淑があります。

画像


おもしろいのは、月の影の部分がブルーグレーで薄く見えることです。夜中だと三日月の部分だけがくっきりと見えるだけですけどね。太陽光の影響でしょうね。


三日月のアップです。拡大してみると、ブレているのがわかりますね。ISO12800とはいえ、手持ちで写すのは辛いようです。
速度は20分の1秒です。
この時間帯だと感度12800にしてもシャッタースピードが20分の1秒程度にしかならないんですね。
手ぶれ機能がなければ、ブレブレでなにが写っているかわからないでしょう。
画像


でもフィルムのISO3600よりはきれいです。フィルムでISO3600だと粒子がはっきり見えて、観れたものではありません。




このあと赤い星・・・・・火星だと思うのですが、見ていたら、流れ星が流れました。

あっというまなので写せませんでした。

ザンネン!

画像




上に輝いている星は木星のようです。
前回の記事で『明けの明星』と書きましたが、間違いでした。

画像



『明けの明星』はこちらですね。

まさに夜明けの光で輝いてます。ため池にも明けの明星が映ってます。

画像


感度を12800にしてもかなりな画像が撮れるようです。


作品として写すのなら、やはり三脚が必要でしょうけどね。


散歩しながらとりあえず撮るには役立つ機能です。





                                     



追記ー12月7日


『明けの明星』で思い出しましたが・・・・(^^ゞ

『明けの明星』といえば金星のことですよね。別名『宵の明星』とも呼ばれる二つ名を持つ地球の兄弟星ですが、その金星に今日2010年12月7日、日本の金星探査機『あかつき』が最接近します。

今日、7日午前8時48分。逆噴射をして、軌道修正をして、金星の周回軌道に乗るそうです。

たった一度のチャンスだそうです。

成功することを祈りましょう。


金星は、地球の双子星といわれるくらい大きさや質量が似ていますが、その環境は大きく違います。

表面が常に雲に覆われているために、温度が400℃から500℃あります。

そのうえ秒速100メートルの強風が一定方向に常に吹いてます。ふつう、星の上に吹く風は、その自転速度を超えることはないと言われてますが、金星の風は、自転速度を大きく超えているうえに、止むことがありません。

なぜ、風が止まらないのでしょうね?

なぜ、地球と変わらない大きさの星が、これほどの違う環境なのか?

なぞなのです。

金星探査機『あかつき』が、うまく周回軌道に乗って観測を始めれば、その謎を解く一翼を担うことになるでしょう。



                               


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 7
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(6件)

内 容 ニックネーム/日時
 ISO12800なんて、フィルムでは考えられませんね。それでいて、フィルムのISO800より粒子も荒れていないし、きれいに撮れていると思います。
 三日月でも、月の丸さが写るというのが愉快ですね。面白いです。
 三脚を使うともっとくっきりと写るでしょうが、手持ちでこれだけ撮れれば御の字じゃないでしょうか(^^♪。
遊哉
2010/12/06 11:25
オートでも、すこしでも暗い場所で写すと、ISO800から1600になります。手ぶれ防止の意味もあるのでしょうが、ふつうに見れます。遜色ないですね。
さすがソニーの技術力というところでしょうか。(^^♪
ねこのひげ
2010/12/06 19:18
金星探査機『あかつき』、残念でしたね(~_~;)
このまま宇宙の迷子になってしまうのかと思いきや、今は太陽の周りを廻っていて6年後に再び金星に接近するので、そのときに再トライするのだとか。
NHKニュースで、今回の失敗の説明を模型を使ってアホにもわかるように丁寧に説明していたので、私にもよくわかりました(笑)
キーブー
2010/12/08 22:12
☆ キーブーさんへ
保留にはいるクセがついちゃったかな?
『あかつき』は、ほんと、ザンネンです。
金星の色々な謎が解明されてくるかな?と期待していたんですけどね。
宇宙空間は過酷ですからね。旅をしているあいだになにか支障があったのでしょう。
6年後、期待しましょう。
待つのもまた楽し!(^^♪
ねこのひげ
2010/12/09 04:16
私も、デジカメがほしくなりました。
今、色々とパンフをみて物色中です。
金星は、真っ白なんですね〜。
なんだかとても、危険な感じがします。
地球は、ラピスラズリーの色と一緒で、私の好きな青ですね〜。
六年後、、きっとすぐに訪れるでしょうね。
何しろ、時間の経つのが早いです。今年ももう師走ですもんね〜。

2010/12/14 00:47
☆ 母さんへ
絵を描くには時間がいりますけど、カメラは、そのときの感動を瞬間に切り取れますからね。
いいですよ。(^^♪
それにデジカメは、その場で確認できますしね。


ホント!師走ですね。なんだかあわただしくなりました。
体調に気をつけてください。
風邪をひかないように。
ねこのひげ
2010/12/14 04:41

コメントする help

ニックネーム
本 文
NEX−5のISO(感度)12800を試してみました ねこのひげ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる