ねこのひげ

アクセスカウンタ

zoom RSS ピンホールカメラー大人の科学より

<<   作成日時 : 2010/11/11 04:30   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 12 / トラックバック 0 / コメント 8

画像

気分転換に、大人の科学のピンホールカメラを組み立てて写してみました。

画像


組み立ては、いたって簡単。



画像


チョコチョコと部品同士をはめ込んで、5分で終了。



画像画像



















画像



真ん中の小さな黒い点が、ピンホールです。これがレンズの役目をするわけです。


後は、フィルムをいれて写すだけ。





で、結果がこれです。         

画像




画像画像
















画像









画像



う〜〜ん・・・・・・・・・・?

フィルムはフジフィルムのISO400のネガフィルムですが・・・・・・

ピンホールカメラというのは、針で突いた穴からはいてくる光で写すカメラで、レンズではないのでこんなものなんですかね・・・・・・・・・?


                                



シャッタースピードは250分の1秒と開放(B)のみ、絞りはピンホールの場合ありません。ピントは全部に会うはずですが・・・・・これで合っているといえるのか?

スローなカメラだそうです。


                                  


ふつうのカメラでしか写したことがないので、なんとも言えないですが・・・・・・ちょっと・・・・・・・


                                ・・・・・・・ですね。


こんどは、建物とか海岸で試してみます。


もうすこしおもしろいかもしれません。       


まだ、やらなければいけないことは残っていますが、ボチボチ、こんな感じでブログを再開していきますのでよろしくお願いします。



                                  



ーーーーーーーーーーーーーーー

参考資料













大人の科学マガジン Vol.25(二眼レフカメラ) (Gakken Mook)
学習研究社

ユーザレビュー:
トイカメラしてます僕 ...
ファインダー覗くだけ ...
そんじょそこらのトイ ...
amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 大人の科学マガジン Vol.25(二眼レフカメラ) (Gakken Mook) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 12
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス ナイス ナイス ナイス
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(8件)

内 容 ニックネーム/日時
味のある写真ですね。
綺麗というのとは違うけど、あったかい感じがします。
簡単に組み立てでこんなの出来ちゃうんですねえ^^
タフィー104
2010/11/11 05:43
 とうとう組み立てたんですね(~_~)。あまり近くはピントが合いにくいのかもしれません。
 バカ親父が組み立てた二眼レフは、上から覗いてもピントが合っているのかどうかが、よくわかりません(^^ゞ。
 この前、大人の科学の「和時計」というのを手に入れました。楽しみにとってあります(~_~)。
遊哉
2010/11/11 11:43
☆ タフィー104さんへ
ちょっと、おもしろいですね。
ピンホールカメラというのはカメラの原点ですね。
また、試してみるつもりです。(^^♪
ねこのひげ
2010/11/12 08:00
☆ 遊哉さんへ
パンホーカスで、全体に焦点が合っているはずなんですが、1メートル以内には会わないようですね。
『和時計』も、おもしろそうですね。
しかし、こういうものは、いつ組み立てようかと考えているあいだも楽しいですね。(^^♪
ねこのひげ
2010/11/12 08:07
へえ〜ピンホールカメラとは、レンズがいらないカメラですか・・・面白いですね。遠くの風景の方が良いのでしょうか?
ちょっと味のある写真が撮れそうですね。
おばちゃん
2010/11/13 11:51
☆ おばちゃんさんへ
もともとカメラというのは、壁に空いた穴からはいてくる光が、反対の壁にあたって外の景色を映し出したのを見て楽しんでいたのが、始まりだそうですよ。
カメラの語源はラテン語でちいさな部屋を意味するそうです。
それを定着させることを考え出したのが写真の始まりだそうです。
ねこのひげ
2010/11/14 04:57
ねこのひげさん♪こんばんは☆彡('-'*) 組み立ては5分で出来上がりなんですね。。。びっくりです!w(゚o゚)w ピンホールカメラなどのトイカメラは。。。やわらかでホッコリとした写真になって 癒されますよね♪景色のお写真も楽しみにしています(*^_^*) 『大人の科学』には 度々誘惑されちゃうんですが。。。はまっちゃいそぅなので我慢しています(*´艸`) また 急に冷えこんでますね。。。お疲れだと思いますので お風邪などひきませんよーに。。。(’。’*)
みんと
2010/11/16 02:04
☆ みんとさんへ
名義変更など、まだめんどくさいことが残ってます。
役所のほうは、死亡届をだしたら、ぜんぶ役所内でやってくれないかと思いましたね。
あっちに行きこっちに行きでくたびれます。

で、ピンホールカメラで、息抜きをして見たんですが、写す場所に工夫がいるようですね。

ほんとに急に冷え込んできましたね。
みんとさんも風邪をひかないように気をつけてください。(^^♪
ねこのひげ
2010/11/16 07:39

コメントする help

ニックネーム
本 文
ピンホールカメラー大人の科学より ねこのひげ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる