ねこのひげ

アクセスカウンタ

zoom RSS グアテマラの大穴の画像で星新一さんのショートショートを思い出す。

<<   作成日時 : 2010/06/03 04:37   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 17 / トラックバック 0 / コメント 2

画像

2010年6月2日の読売新聞の朝刊の画像です。
大雨で、中南米のグアテマラ市の交差点の真ん中に突然出現したそうです。
周辺では3階建てのビルが倒壊したけど、人的被害は確認されていないそうです。
日本でも大谷市などでありますけど、これほどきっちりとした穴は珍しいですね。




で、この画像を見た瞬間に思い出したのが、星新一さんのショートショートの『おーいでてこい』です。


台風の後に出現した穴。

その穴に向かって「おーいでてこい」と言ってみたあと、石を投げ込んでみる。音が聞こえてこない。それほど深いということか?
マスコミが押しかけ、学者が調査するが、なにの穴かわからない。

底がわからない。ともかくとてつもなく深い穴というのだけはわかる。

やがて、みんながその穴に色々なものを、放り込みだす。

いらないものやゴミをドンドン放りこむ。


最後には、核廃棄物まで放り込むが、穴はいっこうに一杯になる様子はない。



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・おい!おい!!だいじょうぶか?\(◎o◎)/!



中学校の教科書にも載った有名なショートショートなので、よくご存知でしょうが、NHKの番組にもなってます。



『星新一ショートショート劇場』です。
YouTubeに動画がありましたので、ご覧ください。






内容がいまを予見してますね。


60年前の作品ですが、いまでは、笑うに笑えないですよ。



ある意味、デザスター映画の『2012』や、『ディープインパクト』なんかよりズート怖いです。

星新一さんのショートショート群は、小説家志望の人間の指針ともいえる作品で満ちてますです。

小説家なら、これくらいを書いて見せなさい!というやつです。

1001篇のショートショート。ちょっと書けませんよ。

星新一さんの作品は、SFの連中より文学系の作家や海外での評価が高いです。




ある日、上空から、「おーいでてこい」という声がしたあと、石がかすめて落ちていく。


そのあと・・・・・・・・・・ドカドカと・・・・予見させます。


コワイですね〜っ・・・・オソロシイですね〜っ・・・・・・・・・・(+o+)



ハイ、サイナラ、サイナラですね。



                                



ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

遊哉さんのマネじゃあないけど・・・・・後記です。 (^^ゞ


6月2日、午前9時30分、救急車のサイレンが団地にはいてくる。

家から出てみると、Kさん宅の前に止まっている。

慌てていってみる。

Kさんが倒れたそうだ。

血圧が高いのに、きのうお客があって、奥さんが知らない間に、酒をそうとう飲んだのだそうだ。

朝、ガーデニングの最中に、気分が悪くなったというので、奥さんが、慌てて救急車を呼んだそうです。

例によって病院が決まらない。平日の午前中なのに・・・・・なんだろうね。

市長は、医療センターに30人の医者を確保できたと言っていたのだが・・・・・

とりあえず、見てくれる病院を捜しながら行ってみるそうだ。

大丈夫か?

画像


みなさんも、体には気をつけましょう。

過信や油断は禁物です。



6月5日追記ーKさんは、狭心症だったそうです。あまりひどくはないけど、ついでですからペースメーカーを埋め込む手術をしましょうと医者に言われたのですることにしたそうです。

ねこのひげが「それは大変だ。」と言ったら、「かえって元気になるそうよ。」と奥さん。

心臓が正常に動くようになるわけだから、元気になるわけで・・・・なるほどです。




そのあと、自宅に帰ると、鳩山さんの辞意の緊急ニュース。\(◎o◎)/!

小沢さんもやめるそうだ。

”道連れ”辞任というやつかね。


東国原宮崎県知事が、6月2日のブログで、鳩山さんが、「『口蹄疫の農家への保障は国で面倒見ます』と確約してくれたが、まさか辞めたりしないでしょうね?」と書いていたが、それが本当になった。


鳩ではなくサギだというのは、本当のようで・・・・(+o+)


誠意がないよね。


東国原さん、予見能力があるか?


まあ、全国民がいつ辞めるか?と思っていたからね。

ヤレヤレ・・・・結局、麻生や福田と変わらんということだね。


結局、同根だからね。 




宇宙飛行士の野口さんは、日本時間の12時25分にカザフスタン共和国に無事着陸したそうですけどね。

この辞任劇のおかげで、扱いが小さくなってしまいました。


ほんとに、空気の読めない人だ!! 



辞任の挨拶も、東大出の金持ちのボンボンらしいわけのわからない文学的表現で、政治家というより、芸術家か文化人としてなら成功しただろうね。 

30日の韓国訪問のチェジュ島(済州島)のホテルでヒヨドリが家路に着くのを見て、『家に変えるときが来たのかな』と思ったって・・・・

ナンノコッチャ!?

あんたは詩人か?

政治家の発言じゃあないよね。


銀閣寺(慈照寺)を作った足利義政と同類かもね。

室町幕府の第8代将軍足利義政は、政治家としては無責任で無能だったが、東山文化を作り出したというので、近年、評価が高まっている。
しかし、この人の奥さんが、悪妻の代表のような日野富子で、この夫婦のおかげで、応仁の乱が始まり、日本は長い戦国時代に突入するのである。



さて、明日から、平成の応仁の乱か、それとも戦国時代の始まりですかね。


どうなることやら・・・・・・・ですな。






                              



今朝3日、起きて、4時からのニュースを見ていたら、東国原宮崎県知事、怒っていたね。

約束したことが、反故になるようだったら、考えさせてもらう!

そりゃ、怒りますよ。

約束した人がやめたら、約束がどうなるかわからんものね。

なにを考えているのやら・・・・・・


頭の真ん中に大きな穴が開いているとしか思えない。


あっ、これは『頭山』か!\(◎o◎)/!


                             








ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

参考文献



おーいでてこーい ショートショート傑作選 (講談社青い鳥文庫)
講談社
星 新一

ユーザレビュー:
とびっきり美味しいホ ...
心の扉をノックされよ ...
この短編集が一番では ...
amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウェブリブログ商品ポータルで情報を見る



星新一 ショートショート DVD-BOX
Happinet(SB)(D)
2009-05-22

ユーザレビュー:
映像表現が素晴らしい ...
厳選度十分1万円の価 ...
厳選されすぎ…お気に ...
amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウェブリブログ商品ポータルで情報を見る



「頭山」山村浩二作品集 [DVD]
ジェネオン エンタテインメント
2006-07-21
SYZYGYS

ユーザレビュー:
珠玉の作品集前の方が ...
独特のタッチ「頭山」 ...
amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウェブリブログ商品ポータルで情報を見る


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 17
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
驚いた 驚いた 驚いた
面白い 面白い

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
 グアテマラの大穴はテレビでもやっていました。きれいな丸い穴が垂直に開いているというのが、不気味ですね。以前にもこういう事があって、その時は深さが150メートルもあったそうです。ビックリです。穴は埋めるんでしょうかねえ(^^ゞ。
 星新一さんのショートショートは面白いですね。この話は知りませんでしたが、発想力の豊かさに感服します。
 野口さんは無事に帰ってこれてよかったです(^^♪。
 
遊哉
2010/06/03 10:43
テレビのほうは見てないですね。残念!(>_<)
陥没の穴というのはすり鉢上になるものですが、この穴は、スッポリと機械かなにかで開けたようで不思議ですね。
中米には、ドリーネという地下の空洞の天井が落ちて出来る穴がありますが、それかもしれません。
海では、ブルーホールと呼ばれている穴で、時々旅番組などで紹介されてますね。
ねこのひげ
2010/06/04 04:14

コメントする help

ニックネーム
本 文
グアテマラの大穴の画像で星新一さんのショートショートを思い出す。 ねこのひげ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる