ねこのひげ

アクセスカウンタ

help RSS まぼろしのディズニーSF映画『ブラックホール』

<<   作成日時 : 2010/06/29 05:23   >>

面白い ブログ気持玉 16 / トラックバック 0 / コメント 20

画像

探し物をしていてダンボール箱から偶然見つけた映画パンフレットのひとつ。
あのまぼろしの珍作と言われている映画ウォルト・ディズニーのSF映画『ブラックホール』のパンフレットです。
『スターウォーズ』に対抗して作られたそうです。(ホント?)
公開当時は、ニューヨークで空前のヒット!とか書かれてましたが・・・(ホント?)
手塚治虫大先生も永井豪大先生も、大絶賛!!(ホント?)
でも、なぜか、DVDにもVHSテープにもありません。
もちろんウォルト・ディズニー映画のラインナップからも消えてます。
検索しても見つかりません。
なぜか?なぜでしょうね???

前売り券の半券です。

画像


宇宙船のデザインはそう悪くはないんですけどね。


画像


出演者も、マクシミリアン・シェル、アンソニー・パーキンス、アーネスト・ボーグナインなどなど・・・名優ぞろいなんですが・・・


画像


ブラックホールの調査に来たNASAの小型探査線パロミノが行方不明になっていた大型宇宙船シグナスを、ブラックホールのそばで見つけて、内部に乗り込むと、謎の人物が・・・・

たった一人の生き残りのラインハート博士。

ロボットなども出てくるんですが、ちょっとね・・・・・・・

画像



画像


上がいいほうのロボットで下のほうが悪いほうのロボット。

やっぱり『スターウォーズ』に比べたら雲泥の差がある。

SF映画を子供向けと舐めていたのか?

ウルトラマンにでもでてきそうな・・・・・・・・・(+o+)


大画面だから、シグナスを襲ってくる流星群は、なかなか迫力あったけどね。

70ミリ映画よりさらにおおきなシネラマ画面だったので、このシーンは迫力ありました。

しかし、シネラマは、コストがかかるため、70ミリがでてくると衰退します。

3台のカメラで同時撮影して、3台の映写機で見せるのだから映画館も限定されるので、シネラマは消えていきました。
(たぶん、このシネラマ画面が元でVHSにもDVDにもなっていないのでは?と推測してますが。技術的に問題があるのでしょうね。)

画像




その流星群の影響で、機械の故障した宇宙船シグナスは、ブラックホールの強力な重力にひかれ飲み込まれようとする。

画像




画像




画像




画像



ラインハート博士は、ブラックホールを探検するために、反対する他の乗組員を殺して、シグナスを乗っ取っていたので居残る。

探査船パロミノとその乗組員は逃げ出し、シグナスはラインハート博士を乗せて、ブラックホールに突入してしまうのだが・・・・・

ブラックホールの内部というのが・・・・・・


なんじゃこりゃ!?


なのである。


たぶんDVDも発売されることはないし、BSやWOWOWなどで公開されることもないだろうから、ネタバレすると、ブラックホールは『地獄』に通じていたのである。

はい、あの『地獄』です。(+o+)

火の海があり、燃える山の上では、悪魔たちが笑っている。


ラインハート博士を指差してあざ笑う悪魔達。


あ然としているラインハート博士。


見ているこっちは、もっとあ然。


SF映画と思ってみていたら、ホラー・・・?・・・・・・・・オカルト・・・・?


いくらなんでも陳腐すぎて、あきれながらテアトル東京を出た。


だれが考えたストーリーか脚本か知らないが、あまりにひどかった。


『スターウォーズ』もSFというより夢物語だが、ワープ航法というのは、ブラックホールを通り抜けることだからね。

いまや小学生でも知っていることだ。

現実にブラックホールらしき現象も発見されている。

理論上、重力が強くなると光の速度が、重力を超えられなくなり、その場所が黒く穴に見えることからブラックホールと呼ばれる。
一般性相対理論では、このブラックホールの反対にホワイトホールが存在すると言われ、ブラックホールに飲み込まれた光はホワイトホールから排出されていると言われている。

ワープ航法は、これを人工的に作り出して利用する航法だ。

これにより、はるかかなたの銀河系にも一瞬でいけることになるが、数々の矛盾も出てくるため、SFでは作り手が制約をもうけて制作している。

でも、着いてみたら地獄だった!はないよね。


で、映画『ブラックホール』は、まったく当たらず消えてしまい、ディズニーの歴史からも抹殺されてしまった?


かな?・・・・・・・・・・たぶん。



ともかく話題にものぼらない。



1979年の作品でありました。








                                  


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

追記ーありました。


”おばちゃん”さんにコメント貰って気がついて、英語(English)で検索してみたらYouTubeにありました。(+o+)

スイマセンです。<m(__)m>

で、追記します。







追記ー2

2007年にアメリカで再公開しているようです。




でも、なぜ公開したのだろ?

アメリカではヒットしたから・・・ということなのかな?

カルト的人気があるのかな?

ビデオとかDVDもアメリカでは出ているみたいだから・・・・・・な?


2007年のはデジタルで公開したのかな?


まあ、ねこのひげのなかだけで、まぼろしだったのかな?ということで・・・・・す。(>_<)



ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー



最近でも『ザ・ウォーカー』とか『ザ・ロード』のような宗教映画まがいのSF映画があいついで公開されているが、たかが2000年前に、馬小屋で生まれたおっさんやアラブの商人が考えだした単純な宗教観に縛られているかぎり、白人やアラブ人に未来はないといえるけどね。


ザ・ウォーカーの持っている本なんて聖書にきまっているわな。


聖書一冊で世界が支配できるか!救えるか!


いままででも多くの宗教が多くの戦争を生み出しているではないか!


まだ”おまえはもう死んでいる”の『北斗の拳』のほうが納得できる。



地球というのは多種多様な生物が存在しているから存続できていると言える。

お互いの違いを認めることから始めないと、どうしようもないと思うよ。

地球さえも1個の生物といえるし、石や空気、水にさえ生命があると考えて、八百万神を作った日本の宗教観から見れば、アホらしいことでありますね。


自分以外に興味のない現代人にも未来はないけどね。



ジョン・レノンの『イマジン』にでも耳を傾けてもらいたいもんでありますな。





NASAのブラックホールについての動画        







ブラックホールが地球上で発生するとこうなるという動画   







テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 16
面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(20件)

内 容 ニックネーム/日時
へえ〜、ディズニーでこんな映画を作っていたんですね。ロボットがスターウォーズの何ちゃって物みたいですね。www.imdb.comというサイトやYoutubeで検索すれば出てくるかもしれませんよ。
おばちゃん
2010/06/29 09:51
☆”おばちゃん”さん!ありました!!
YouTubeを英語で検索したら出てきました。
感謝!!<m(__)m>
調べると2007年にも手直しして公開しているようですね。
日本では未公開?のようですが・・・(?_?)
十分調べもせずに載せると恥をかくようで・・・(~_~;)
まあ、しかたないか・・・・でそのままにしておきます。(^^ゞ
ねこのひげ
2010/06/29 10:47
八百万の神の日本の宗教観は素晴らしいとこの頃つくづく思います。
たかが数百年の歴史のアメリカを2000年以上の歴史を持つ日本が何故真似をしなければならないかなんて、思いますね。
日本人の日本人らしさは、もっと誇りに思っても良いのではないのかなあなんて思います。
たとえば「江戸しぐさ」なども。
はな
2010/06/30 09:07
歴史が長いから優れているとは思わないのですが・・・・
唯一絶対・・・ただひとつのことしか信じないという考え方はきらいです。

「江戸しぐさ」
もしかして越川礼子さんの著書をご存知なのかな?
あの時代のいいところはおおいに残すべきでしょうね。(^^♪
ねこのひげ
2010/06/30 17:31
ぢ、ヂツハ・・・
わたし、この映画、お友達が招待券を持っているから・・と言って連れてかれました。見てるんですお!スターウォーズも劇場で見ていない(当時)のに、この映画を劇場で見てるという、超稀な人です、わたくし!
映画の記憶はぜんぜん残っていませんが、宇宙に穴があいていて、吸い込まれる。それがブラック・ホールという知識を得ました〜(笑)。
くろねこ・ぷぅ
2010/07/02 14:06
☆ くろねこ・ぷぅさん、ごらんになってましたか!
『スターウォーズ』が大ブームになったときだったので、次から次へとSF映画が作られた時期で、ディズニー映画だから期待したんですけどね。
シネラマだから、映画館で観たときは、画面が視界からはみ出して迫力がありましたけどね。
ラストがあんまりで・・・(>_<)
悪いほうが地獄のようなところへ・・・良いほうが光の回廊を通って、地球に・・・・
なんだかな・・・・・でしたね。(~_~;)
ねこのひげ
2010/07/02 18:38
はじめまして!
今度「トロン(レガシー)」が公開されると聞き、突然、「ブラックホール」を思い出し検索したらこちらのページにたどり着きました。
わたしも公開当時「ブラックホール」を見てますが、ほとんど内容覚えていませんw ついでにいうと「トロン」もww
でも、いま、猛烈にもう一度みたいですね・・・
「ブラックホール(レガシー)」作ってほしいですw
danke
2010/09/13 21:46
☆ dankeさんへ
ブラックホールの新しく発見された科学的根拠をいれて作れば壮大なスペクタルになると思いますよね。
宗教まがいの話をいれない新しい『ブラックホール』を作って欲しいですね。
ねこのひげ
2010/09/14 08:26
はじめまして☆
僕も公開当時「ブラックホール」観に行きました。
当時のチラシ!前売り券の半券も!!とっても懐かしい。
ジョン・バリーの音楽が素晴らしく、オリジナルサウンドトラック(LP)も買いました♪

確か、かなり昔になりますが、テレビのロードショーでも放送されましたね。
こうじ
2010/12/26 18:06
☆ こうじさんへ
ご覧になりましたか。あのころは『スターウォーズ』の大ヒットのせいで、SF映画が次々と作られてましたね。
深作監督までがSF映画を作ったときは、あきれましたけど・・・(^^ゞ
『ブラックホール・レガシー』なんて出来たらおもしろいですね。(^^♪
ねこのひげ
2010/12/27 05:21
はじめまして。
既にご存知だったら申し訳ありませんが…『ブラックホールレガシー』、制作中だそうです。監督は『トロンレガシー』と同じ人。この監督、「ディズニーの奇妙なSF映画をリメイクするプロジェクト」を一任されているのでは…なんて思ってしまいました。
shllow
2011/01/09 03:12
☆ shllowさんへ
あらっ!?そうなんですか?それは知りませんでした。(^^ゞ
ここのところ映画情報に疎いもので・・・
ありがとうございます。m(__)m
最新のCG技術を生かして、昔、稚拙で観れたものではなかった映画をリメイクして欲しいです。
『ブラックホールレガシー』。
『トロンレガシー』みたいに、おもしろくなっているといいですね。(^^♪
ねこのひげ
2011/01/09 05:10
はじめまして。
 この映画、「ゴールデン洋画劇場」で観たんですが、幼心に何気に好きだったんですよねぇ。竹中直人氏が吹替えているポンコツロボ(ボブ?)とか…(苦笑)とりあえず博士がロボットと融合しちゃったり正直??なシーンも多数ありますが、結局、ブラックホールに飲み込まれた宇宙船が別空域にあるホワイトホールから出てこれました、めでたし めでたし という話だったように記憶しております(笑)ただ、やっぱり「スターウォーズ」等と比べると派手なシーンが全くなく、見せ場が最後しかないというのは幼心にも感じておりました(爆)
ひろし
2011/04/17 15:27
☆ ひろしさんへ
ねこのひげは『ゴールデン洋画劇場』では観てませんでした。竹中直人さんを起用したということは、かなり気合を入れてたんでしょうね。
レガシーが作られているそうですから、面白くなっていることを期待しましょう。
ねこのひげ
2011/04/20 04:59
はじめまして、私はこの映画が大好きなもので、検索していてひっかかりました。LDは持っているのですが、さすがに画質が劣化して見るに堪えないので、ブルーレイは無理でもDVDくらい出てないのかと探していたのですが、やはり日本では発売されていないのですね。
この映画、私が知る限り「一番、宇宙がきれいな映画」ですし、シャンデリアみたいなシグナス号も美しいですね、内容はともかく。
日本公開は1981年、「SW帝国の逆襲」「スタートレック」と同時期の、SF映画が暑い夏でした。
通りがかりの豚
2011/06/17 03:14
☆ 通りがかりの豚さんへ
レガシーが作られているそうですから、レガシーの公開にあわせて再版されるかもしれませんね。
たしかにディズニーならではの美しい宇宙でしたね。
ねこのひげ
2011/06/18 05:09
はじめましてです。この映画、学生時代に観に行き、SF好きに友人と人差し指と、小指でレーザー銃のマネをしてました。ディズニーの昔のSFは大好きで、トロン等もツボにハマッテます。レンタルビデオ店で探したりしましたが、VHSとかになって
いなかったのですか。
oyaji
2011/08/08 19:03
☆ oyajiさんへ
コメントいただきありがとうございます。
当時、LDにはなったようですが、VHSとかDVDにはなってないようです。
アメリカでは2007年に再公開されてますけど・・・・
『トロンレガシー』が作られたから、素材は面白いので、新しく作られるかもしれませんね。
ねこのひげ
2011/08/09 04:57
はじめまして。
懐かしの映画を検索していてこちらにたどり着いた者です。

この映画はVHSレンタルにはなってましたよ。
セルもあったかは分かりませんが。

実はこの映画、我が家に始めてVHSビデオデッキなる文明の利器が導入された際、
記念すべき初上映作として、近所のちっちゃなレンタルショップから借りてきて一家揃って観たモノなのです。(そういえば最近はもう個人経営のレンタルショップって無いですよね)
まだ小学生だった当時の感想は、物凄く重厚で暗く怖い映画、というものでした。
まずテーマ曲が怖かったw
乗組員を人体改造してサイボーグ化し意のままに操るというのも衝撃的でした。
戦闘シーンもリアルでもの凄い迫力でした。
スターウォーズより凄い映画だとすら信じていました。







というのはあくまでその当時の印象であり、
一人暮らしをするようになってから、またレンタルで観たのか、テレビ放送で観たのかは定かではありませんが、
『あれっ、こんなショボかったっけ?』とギャップを感じたことは覚えております。
ロボットこんなお粗末だったっけ?みたいな。
自分の記憶の中では、『悪のロボット』はダースベイダーよりも残忍で迫力のあるイメージだったのです。

とまぁ、二度観たにも関わらず、今の今まで内容はすっかり忘れておりましたw
先ほど書いた改造人間とか合ってます?全然違う映画だったりしてw
最後、ブラックホールの先は地獄だったというのも殆ど覚えて無いです。
誰かがゲラゲラ笑っていたシーンがあったようなのは、ねこのひげさんの記述を読んでおぼろげながら思い出しました。
YOUTUBEで観れるようなので、昔の記憶を辿りつつもう一度楽しみたいと思います。
長々と自分の思い出語りをして済みませんでしたm(_ _)m
なべっち
2011/11/19 05:01
☆ なべっちさんへ
コメントありがとうございます。
VHSにもなっていたんですか?知りませんでした。
子供のころ観た物を大人になって見ると違う印象になるというのはありますよね。
改造人間はあってます。
地獄であるという説明はされてませんが、ゲラゲラ笑っている奴に、先が槍のようにとがった尻尾と頭にとがった耳がついてましたから、どうみても悪魔でしょうから、地獄に落ちたんだなと思いました。
ねこのひげ
2011/11/20 04:23

コメントする help

ニックネーム
本 文
まぼろしのディズニーSF映画『ブラックホール』 ねこのひげ/BIGLOBEウェブリブログ
[ ]