ねこのひげ

アクセスカウンタ

zoom RSS 悪食三昧ー世界は飢えている!!マグロ食わせろ!!イルカを食わせろ!!!

<<   作成日時 : 2010/04/13 05:13   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 10 / トラックバック 0 / コメント 6

画像

テレビ朝日でスペシャル番組『世界の子供がSOS THE仕事人バンク マチャキJAPAN』が2010年4月11日日曜日、ひさしぶりに放映された。

今回はウガンダに、井戸掘りとかまど作りの仕事人(職人)2人がむかうことになった。

そのウガンダの村の小学校では、家が貧しくてお昼ごはんを持ってこれない子供がいて、隣の子供がトウモロコシを食べている横で、空腹を満たすためにペットボトルにはいた泥水を飲んでいる子がいたりする。

泥水だよ。

君達が、自動販売機で買ってくる様なきれいな水ではないんだよ。

道路端に溜まった水溜りから、そのままくんできた濁った水を、そのまま飲んでいるんだよ。


小学校の周りは、日本の野原みたいなところなので、畑にすれば、野菜や果物が収穫できる。しかし、小学校には調理場がない。
村人にはカマドを作る技術もない。

ウガンダは、長い内戦の間に、そういったもの全てをなくしてしまった。

知らない人のために書くと、カマドとはキッチン、レンジのようなものである。その上に鍋を置いて料理をするところである。

アイドルタレントで知らないのがいたからあえて書いておく。

小学校に、150人分の食事を作れるかまどがあれば、子供たちに給食を出してやることができるというので、日本から左官職人が行って作ることに、レンガなどを現地で到達してかまどを作るだけでなく、その技術を現地の青年に教える。

その技術が、その1人の青年から、やがてウガンダの村から村に伝わりウガンダ中に広まって、飢える人がなくなるように。



きれいな水を得るための井戸のほうは、『上総掘り』という千葉県で発展してきた独特の井戸掘り技術で、機械などに頼らず道具を用いて、人間の手だけで井戸を掘ることになる。

機械を使うと故障したときに修理ができなくなるからである。欧米や日本の政府援助でよく失敗している。



この番組は、村人だけで、使うことのできる道具を使い、技術を教えるのが主眼である。

村の若者が交代で井戸掘りに参加する。

やく1ヶ月かけて井戸を掘り、水脈に到達して井戸が完成する。

きれいな水が出てきたときは、ウガンダの人々も歓喜するが、水質検査の結果、あまり飲み水には適さないことがわかった。
一日にコップ一杯程度なら体に影響はないそうだが、長期の飲料には適さない水だそうだ。

こちらは残念な結果ではあったが、井戸掘りの技術をウガンダの若者に伝授できたことが収穫だった。

こんどは、日本の職人がいなくても、ウガンダの人だけでも、飲める水を探して、あらたな井戸掘りができるわけだから。


こういう番組は、繰り返し再放送すべきだし、小中学校の給食の時間にでも流してやればいいんだよね。

そうすれば、贅沢を言って食べ物を残そうという気もなくなるだろう。



国連食料農業機関(FAO)によれば、今年9億6300万人の人が、飢えに苦しんでいる。去年より4000万人増えている。そのうち65パーセントが、アフリカとインドと中国に集中している。

先年、洞爺湖サミットで、CO2がどうとか、バイオがどうとかやり、今年には、サメの捕獲を禁止しようとし、こんどは、クロマグロを禁止しようとした肉食人種で人種差別主義者の唐偏木。

『ワシントン条約』というのは、希少動物の絶滅を防ぐための条約である。

サメやマグロは、パンダや虎のように、世界で5000頭しかいないとか、300頭しかいない本当に絶滅寸前の動物ではない。『ワシントン条約』とは、本当に絶滅寸前の動物を守るための条約である。

本来、マグロの取引などを取り上げる会議ではない。

マグロにしろイルカにしろ、百万単位で生息している。

だいたい、海の中にいるものを正確に数えれるわけもないけどね。

漁獲量が減ったから、絶滅しかけているというのは、あまりに飛躍した説である。

地中海だけに推定で5,6百万頭のクロマグロがいるという。

かんたんに絶滅するわけがない。

『朱鷺』のように消滅させないために、管理して漁獲量を制限して獲るのは賛成だけどね。


じっさいにスペインのマドリードの近くのマグロの漁場では厳格に漁量を管理して出荷している。それでも、スペインが、制限に賛成したというので、その会社の人間が驚いていた。

シーシェパードと同じように、なにか、裏があるということだね。



サメ禁止は、中華料理としてフカヒレを食べる中国人に対するイヤガラセであり、クロマグロの取引禁止は、寿司を食べる日本人に対するイヤガラセ以外のなにものでもないであろう。

トヨタの社長のお辞儀が30度で浅かったとケチをつけたのと同じイヤガラセだ。

本当に謝るなら45度だとか、アホッか!


このままいけば、将来、”金と力のある国だけが、好きなものを食べれるような状態になるのではないか?”と思わざるを得なかったけどね。


クロマグロの取引禁止が、否決されたということは、すこしは見識のある国があったということだ。

結局EU加盟国27ヶ国にも足らない賛成20票で否決された。EU加盟国でも反対する国があるということだ。

ヨルダンの即日投票とアイスランドの提案した無記名投票により、EUの中で立場の弱い国や発展途上国などが、欧米主導に反発して反対に周ったと思われる。

欧米の大国に対する不満があったと言うことだ。

発展途上国側に、いままで散々資源を湯水のように使ってきた欧米諸国に対する根深い反発もあったということでもある。


イタリアのつま先にある小国マルタ王国は、日本にマグロを輸出することでなりたっている。

マグロが禁止になれば、国が壊れ、漁師達は飢え死にだと危機感をつのらせていた。



しかし、世界のエリートというか政治家連中は、世界中に飢えている人が蔓延しているのに気づいてないのか?気づいてないんだろうな〜っ。

フランスのサルコジ”成り上がり”大統領の奥さんカーラなど、自分のCDの発売が忙しくて、日本のサミットごときに来る気がしなかったようで、結局、CDはゴミの山と化したようだ。

能天気で結構なことで!


いま、世界情勢は、環境問題なんかとっくの昔に通り越して、食糧問題が、もっとも大きな問題として突入しつつある。


いま、世界中が飢えているのだ!!


世界の主要穀物の値段がこの3年で10倍になった。
トウモロコシをバイオ燃料に転換したおかげで何倍にも跳ね上がっている。

OECDの発表によれば地球温暖化の防止には、バイオ燃料は大きな影響はないそうだ。かえって食料価格の引き上げにつながり、世界中で食料危機を引き起こす可能性が高いので、バイオ燃料にトウモロコシなどを転用することを見直すように求める報告書を公開した。

バイオ燃料を使用しても、2015年までに、CO2の削減は0.8パーセント程度だそうだ。


すでに、小麦が値上がりして、小麦を主食にしている国々の国民は、パンが買えなくて、飢えている。

アフリカの貧しい国に対して、日本は米作りを指導して米食に切り替える指導をしている。

カップヌードルの日清は、日清のアフリカのカップヌードル工場から毎日1000食分のカップヌードルを学校給食として無料で提供しているそうである。



『北極に氷がなくなってシロクマさんが、かわいそう!』なんてのん気なことを、言っている場合じゃあないよ!

『鯨やイルカは頭がいいから食べるのはかわいそう!』とか言っている場合じゃあないよ!!


イルカなんて、1日で2トンのイワシを食べているのである。鯨は、1日で20トンのオキアミを食べているのである。


将来、自分達に食糧難が本当に訪れ、自分の子供が飢え死にしても、山のようにイルカやクジラが増えて海からあふれても、可愛いから賢いからといってイルカにイワシをあたえ、殺さないのだろうか?


シーシェパードのおっさん!グリンピースのおっさん!!、鯨やイルカの代わりに自分の子供を食うというのか!


・・・・・・・・ありえないよね。


きっと、イルカのかわりに日本人の子供を殺して食うんだろうね。


イルカの餌にするかもしれない。


『イルカが頭がいいから食べるな!』という意識の中には、食文化に対する白人優越支配というか、意識の中の植民地支配というのが、西欧の白人社会の中に濃厚に残っているということでもある。


自分達の文化がすべて優れていて、有色人種の文化が劣っているという意識の片鱗が透けて見えるね。


鯨やイルカが頭がいいという考え方の中には、白人が頭がよく、有色人種は頭が悪いという差別主義的感覚が濃厚に見える。

有色人種は殺してもいいとか奴隷にしてもいいという考えが根底にあるわけだ。

有色人種を牛や豚のような家畜と同じように見ている白人がいるということだ。



クロマグロの禁止を提案したモナコ。

ヨーロッパの小国のモナコ?

グレース・ケリーのモナコ?

カジノのモナコ?

なんでモナコが・・・・・・・提案?


と思っていたら、モナコの王子アルベール2世というのは、あのシーシェパードの強力な支援者の1人だそうだ。

なっとく。

シーシェパード。金持ちのボンボンにうまく取入って、資金提供をさせているわけだ。

結局、あれは、王子の遊びだったんだね。

王族連中にとっては、環境保護というのも、遊びにしか過ぎないと言うことだね。

モナコの国民の98パーセントはマグロを食べたことがあり、好きだと答えている。

国王と次の王である王子が反対したから、国民もしかたないとマグロの規制に賛成しているだけだ。


セレブたちは、有り余った金で、シーシェパードを操って退屈な日々に潤いを与えているということだ。


世界中の人々が飢えに苦しもうと知ったこっちゃあない!ということだ。


金さえ出せば、食料なんていくらでも手に入ると思っている。


『パンがなければ、お菓子を食べればいいんじゃない?』と言ってギロチンで首を落とされたマリー・アントワネットとたいして変わりはない。


わかちゃあいない。



それでも、これを機会に、クロマグロの70パーセント以上を消費している日本としては、考えて見たほうがいいという一面もあるけどね。

ウナギの完全養殖にも成功したことでもあるし、クロマグロのすべてを近大マグロのように完全養殖化にしないと、またあの手この手のイヤガラセがあると思うよ。

きちんと管理して安定した供給をするようになれば、食べるほうも安心だしね。


まあ、日本人も、一汁一菜に戻ったほうがいいかもしれないという思いもあるけどね。


東京都内を”臨月”みたいな腹を抱えて歩いている小中学生を見ると、つくづくそう思うね。


ニューヨークみたいに肥満税でもかけませんか?石原都知事 ヽ(^o^)丿




                                 


World Vision(子供を救おう・・・) http://www.worldvision.jp/


追記ー2010年4月15日

レクサスGX460が、高速で運転中にカーブで急ハンドルを切ると、横転防止装置の反応が遅くて、横転する危険があるというので、超有名消費者情報雑誌『コンシュマーレポート』が”買うな!”の烙印を押したというので、トヨタが急遽販売を中止して、調査を開始した。

ちょっい、待てよ?である。

読んでみると、どこにも、ブレーキを踏んだ後、急ハンドルを切ったとは書いてないんですが・・・・

どのメーカーの車でも、高速運転中に急ハンドルを切れば、横転しますが・・・(+_+)

映画のスタントでも、よく観られるように、ゴロンゴロン転がりますよ。

GMだろうと、ベンツだろうとね。


やれやれ、またイヤガラセだ。(+o+)




テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 10
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(6件)

内 容 ニックネーム/日時
こんにちわ(*^_^*)船と鯨(食すのが)好きなまるおおです。
本当は この星は飢えてるんだけどね 飽食しちゃいますね… せめて自分の食べる分を 考えて調達できる人間になりたいです。
まるおお
2010/04/13 15:02
よその国の食文化を、どうのこうの言うのっておかしいですよね。
でも、たしかに飽食ニッポンもいろいろと考えなきゃいけないところに来てはいるんでしょうけど。
クロマグロの件、報道をみて思わず「よっしゃあ!」でしたね(笑)
キーブー
2010/04/13 20:53
まるおおさん、おはようございます♪
糖尿病、高血圧、通風・・・考えて食べないと、怖いです。
うちの団地には、3人も通風の人がいます。
糖尿病や高血圧の人は、ゾロゾロ・・・(>_<)
あれがおいしいですよ!これもおいしいですよ!と誘惑が多過ぎますからね。(^_^;)
ねこのひげ
2010/04/14 03:22
キープさん、おはようございます♪
感情的に攻めると、水掛け論になりますからね。
データーを示して冷静に戦ったのが今回の否決につながったのでしょう。
一本何万円もするような高級ワインを傾けて、ホアグラ食っている連中に言われたくない!というのはありますけどね。
ねこのひげ
2010/04/14 03:32
黒マグロの養殖をしている所を、テレビで観ました。
これしか、解決方法はないようですね。
正規の方法だと思います。
かまどを作っているシーンも、観ましたが、援助の仕方は色々あり、お金の提供の他にも、あるのだなと思いました。

2010/04/14 10:59
マグロのトロを一般の日本人がふつうに食べるようになったのは、ここ5,60年のことなんですけどね。
食べ続けたければ、完全養殖にして厳格に管理していくしかないでしょうね。

ただ金や物を貰っているだけだと、結局、国は植民地になり人は奴隷になるんですよね。
カマドの作り方や井戸掘りの方法を教えるのは正解でしょう。
ねこのひげ
2010/04/14 12:39

コメントする help

ニックネーム
本 文
悪食三昧ー世界は飢えている!!マグロ食わせろ!!イルカを食わせろ!!! ねこのひげ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる